記事

高年収なのに貧乏な人は"面倒ごと"に弱い

フリーライター 高橋 晴美

「高年収ビンボー」と「低年収リッチ」はどこが違うのか。雑誌「プレジデント」(2016年11月14日号)では、それぞれにアンケート調査を実施。そのなかで「家計簿」について聞いたところ、「高年収ビンボー」な人ほど、面倒を丸投げしていることがわかった。家計を改善するにはなにが重要なのか。3人の専門家に聞いた――。

■月単位の収支の管理くらいはやったほうがいい

「ストレスを理由にものを買ったり、飲みにいったりする人、自分へのご褒美が多い人は貧しい老後になる可能性が高い」

ファイナンシャルプランナーの長崎寛人氏はそう指摘する。日々のお金の扱い方は人それぞれだが、意識せぬうちに後々の財産形成に大きく影響する。

「自販機でためらいなく飲み物を買う、コンビニをよく利用するなど、小さな支出に無頓着な人や、月に2~3回サウナに入るためだけに数千円以上の会費を払ってスポーツクラブに入っている人など、お金の使い方が丁寧でない人も危険」(長崎氏)

塵も積もれば、というわけだ。

「小さなことだが、老後までの期間が長いほどムダが積み重なり、差を広げる。ありきたりだが、毎日は面倒でも月単位の収支の管理くらいはしっかりやらないと大変なことになる」(同)

元大手銀行支店長でコンサルタントの菅井敏之氏が言う。

「住宅、クルマ、保険、教育費は家計の多くを占める4大固定費。これが家計の70~80%を占める人は恒常的にお金が足りず、貧しい老後の予備軍。50%に抑え込める人は豊かな老後が期待できる」(菅井氏)

クルマは駐車場代、ガソリン代、自動車税、車検費用など、購入後もお金がかかる。

「高収入の人はアッパークラスという自意識があり、新車のセダンを乗り継ぐなどの贅沢をしている人がいるが、金融資産は驚くほど少ない。高収入に酔っている人は脇が甘く、貧しい老後が、低収入でも堅実に身の丈に合った暮らしができる人は豊かな老後が待っている」(同)

保険も同様だ。「毎月、5万円もの保険料を平気で支払っている人も少なくない。その多くは知識不足によるもので、保険にお金をかけるあまり、老後資金がつくれない」(同)。

■住宅ローン完済が70代になると……

不要と思われる高額保険に入る人は少なくない。

「住宅ローンの金利は史上最低水準にあるが、昔借りた金利の高いローンのまま借り換えていない人も多い。借入先の銀行で金利を下げてくれるよう交渉する手もあり、手間もかからないが、それさえしない」(同)

その結果、住宅ローン完済が60代後半~70代だと、年金からの返済が家計をひっ迫させる。

「年収が高い人は、面倒なことをすべて丸投げしがち。医師にもそういう人が多い」(同)のは、グラフで1000万円以上の余裕ナシ世帯のBの比率の大きさからもうかがえる。

いや、わが家はかなり節約している……という人は落とし穴にはまっていないか。家計に詳しいファイナンシャルプランナーの畠中雅子氏は、「食べたいものを食べないなど、家族が幸せを感じない節約はしてはいけない」という。長続きしないし、ひずみが生じるからだ。我慢しすぎて、特定のことに青天井でお金を使ってしまう「行きすぎたメリハリ家計」が増えている。

「たとえばジャニーズのコンサートに年間60万円使う主婦、フィギュアに月5万円使う夫。メリハリはあってもいいのですが、これでは別のものを節約しても意味がありません」(畠中氏)

趣味性の高いものは上限を決めて管理することが大切だ。

「余ったお金だけでがっちり貯められた人など見たことがない。まず先に貯蓄する額を決めておかなければ、老後が貧しくなるのは明らか」という菅井氏の言葉を肝に銘じたい。現在は赤字でも家計簿をつけることで解決策は見出せるはずだ。

----------

菅井敏之(すがい・としゆき)
元メガバンク支店長。コンサルタント。1960年生まれ。83年学習院大学卒業、三井銀行(現・三井住友銀行)入行。東京・横浜で支店長。48歳で退職、起業。アパート経営のほか都内で喫茶店を営む。資産形成や住宅・保険の選び方などで講演・セミナー多数。著著に『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』『お金が貯まるのは、どっち!?』ほか。  畠中雅子(はたなか・まさこ)
ファイナンシャルプランナー。2000年、駒澤大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。大学時代よりフリーライター、1992年ファイナンシャルプランナー。各メディアに連載多数。セミナー、講演、個人相談など。著書に『サヨナラ お金の不安』『ひきこもりのライフプラン――「親亡き後」をどうするか』(共著)ほか。  長崎寛人(ながさき・ひろと)
ファイナンシャルプランナー。1963年、長野県生まれ。NPO法人日本FP(ファイナンシャルプランナー)協会会員、CFP認定。国内銀行、外資系損害保険会社を経て保険代理店を経営。その後、介護スタッフとして障がい者施設や高齢者介護施設などに勤務、介護に特化したFPに。著書に『脱・老後破産マニュアル』。 

----------

(フリーライター 高橋 晴美 撮影=加藤ゆき、石橋素幸、永井 浩)

あわせて読みたい

「家計」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  8. 8

    W杯は現場よりTVで観た方がいい

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  10. 10

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。