記事

命取りになりかねない安倍首相の対韓国強硬外交

 きのうのテレビが驚天動地のニュースを流した。

 何と文在寅大統領が、「この合意では慰安婦問題は解決されない」とする声明を出したというのだ。

 これまでのあらゆる報道と観測は、平昌冬季五輪の成功をすべてに優先する文在寅大統領は、報告書に対する韓国政府の立場は、五輪後まで明らかにしないとされていた。

 私もてっきりそう思っていた。

 だから日韓関係の難問は、年を越して2月の平昌五輪の後から表面化すると思い込んでいた。

 ところが文在寅大統領は2年前に発表された日韓合意の同じ日を選んでその内容を完全否定する声明を出した。

 これは腹をくくった政治声明だ。

 安倍首相はどう対応すべきか。

 メディアは一切それに答えようとしていない。

 大手各紙もテレビ報道も、大統領声明があったことだけを報道し、「見直しはありえない」という日本政府筋の言葉を繰り返し、日韓関係は難しくなると嘆くだけで、何ひとつまともな解説や論評をするものはない。

 それほど衝撃が大きいという事だ。

 それほど、誰もがどう評価したらいいかわからないという事である。

 ならば私が真っ先に書く。

 日韓関係はいま戦後最大の危機にある。

 この難問を正しく対応できるかどうかで安倍政権の命運が決まるといってもいいほどの難問だ。

 どう対応すれば正しいか。

 それはズバリ、堂々と日韓合意の再協議の要請に応じる事だ。

 一旦両国間で合意した国際約束を再協議することなどあり得ない、などと、政府もメディアも有識者も、あたり前のように論評する。

 そんな馬鹿なことはない。

 安倍首相が100%支持し、追従するトランプ大統領を見て見ろ。

 オバマ大統領が決めた国際約束をことごとく否定して、平然としているではないか。

 トランプ大統領を支持した米国民はそれに拍手喝さいではないか。

 それが民主主義というものだ。

 朴槿恵大統領を弾劾した韓国国民が文在寅大統領を選び、慰安婦の意向を無視した日韓合意の見直しを文在寅大統領に要求する。

 文大統領はそれに応えたのだ。

 それが民主主義だ。

 その一方で、支持と不支持が真っ二つに割れたままの安倍首相が、自らの間違った歴史認識に固執して対韓外交を私物化してる。

 どちらに理があるかは自明だ。

 繰り返して言う。

 安倍首相は、韓国国民とその意を受けた文在寅大統領の日韓合意再協議の要請を堂々と受けて立つべきだ。

 自分が正しいと思うのであれば、再協議で堂々と持論を述べ、それを実現すればいいだけの話だ。

 最後に決めるのは日韓両国民だ。

 報じられるような強硬姿勢に安倍首相が固執するなら日韓関係は不可逆的に悪化する。

 国内問題では一強が通じても、世界を相手には一強など通用しない。

 下手をすれば、外交の失敗で政権を手放さなければならなくなる不名誉な首相で終わる。

 いまほど安倍首相の真価が問われる時はないのである(了)

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  4. 4

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  6. 6

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    倉持由香 人生初の遺書で覚悟

    倉持由香

  8. 8

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  9. 9

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  10. 10

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。