記事
  • ヒロ

韓国との距離感

年末になって実に腹立たしいニュースが入ってきました。

文在寅大統領が大統領府報道官の代読コメントとして「『慰安婦作業部会の検討結果発表を見て、大統領として重い気持ちを抱かざるを得ない』とし『2015年の韓日両国政府間による慰安婦問題交渉は手続き的にも内容的にも重大な欠陥があったことが確認された。遺憾だが、避けて通ることはできないことだ』」(韓国 朝鮮日報)と述べています。

慰安婦問題日韓合意は今からちょうど2年前の2015年12月28日に日韓両国政府で本件につき 慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたと確認、その合意の一環として日本から10億円の資金が韓国政府を通じて元慰安婦などへの見舞金として支払われていました。

私はその時、内外で合意に対する異論が噴出する中、本ブログで前向き評価をしていました。なぜか、といえば1965年の日韓基本条約の時と違い、2015年のそれは世界の目がある中での合意という点で第三国から大いなる祝福をされた合意形成であって多くの「ウィットネス」が存在するからであります。

ご承知の通り、韓国の特徴のひとつにムービングゴールポストと称するその時々の状況によって約束内容を反故することがあります。1965年の日韓基本条約は当時、日本としてあり得ないほどの手厚い対応を行い、韓国の今日の経済成長の糧となった歴史的大転換となるディールでした。ところがそのディール内容は社会情勢の変化と共に韓国国内で「やっぱり違う」と不満を募らせ、結果として日本に再交渉を求め、反旗を翻すということを政府、民間ともに何度となく行なってきているのであります。

今回の文大統領の声明は日韓合意後わずか、2年しかたっていない中でほとんど論理的根拠もなく、「やっぱり解決できないから合意そのものが間違っている」と言わせたことに国家を代表する人間が国際世論と取引の原則を無視し、稚拙でプライドも国家の威信も何もないことを無様に見せつけてしまいました。

これは日本のみならず、世界が韓国とのあらゆる合意について将来「ご都合主義」でひっくり返されるという認識を強く植え付けることでしょう。

私はなぜ、文大統領がここまで恥も外聞もないことを平昌オリンピック開催を目前に控えた中で行ったのか不思議でなりません。タスクフォースの報告を2か月遅らせればまだ、要領のいい大統領だと思いますが、「安倍首相にぜひともオリンピック開会式に」と招待しておきながら「お前とは慰安婦の件ではケンカするからな」と言い放っているのです。

私の限られた思考で唯一思いつくのが「中国に何か言い含ませられた」可能性があります。つまり、先日の習近平国家主席との会合等で韓国が外交的に利用されており、文大統領が鵜の如く、中国の思うがままに動かされているような気がするのです。

つまり、日韓の関係を冷却化し、アメリカもそれに巻き添えをさせれば韓国は世界の中で孤立化する、そこで経済的にガタガタな北朝鮮と弱い者同士が仲良くなる土壌を作り、最後に中国が手を差し伸べる、という算段であります。よって、中国は日本とは表面上、極めて友好的、且つ前向きの姿勢を示し、悪役と良い顔役の芝居ではないかという気がするのです。

私の想像がどうであれ、日本政府は世界の後押しを受けながら堂々と本件でバトルできます。そして、日本政府のみならず、日本国民が韓国のずるさを改めて目のあたりにしました。文大統領の今回のこの声明は日韓関係に決定的な亀裂を作ったとみています。

当面、政府ベースでの取引は厳しい状態が続くかもしれません。韓国との距離感もより一層深まってしまうでしょう。2018年に向けて大きな課題を提供してくれたものです。本当に腹立たしい話です。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  6. 6

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  7. 7

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  9. 9

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

  10. 10

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。