記事

アップル、アイフォーン動作減速問題で電池交換費用引き下げへ

[28日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は28日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種の動作を遅くしたことについて謝罪するとともに、電池交換費用を引き下げ、電池の状況が分かるようソフトを修正すると発表した。

「アイフォーン6」以降の機種について、保証期間の切れたバッテリーの交換費用を1月から29ドルとし、これまでの79ドルから引き下げる。また基本ソフト(OS)「iOS」を修正し、バッテリーが劣化してアイフォーンの動作に悪影響が出ているかどうかが分かるようにする。

アップルは20日、リチウムイオン電池の劣化により突然シャットダウンが起こり電子部品を傷付ける恐れがあるため、アイフォーンの旧機種の動作を遅くしていると明らかにした。

これを受け、買い替えを促すために旧機種の動作を故意に遅くしているのではないかとの見方が消費者の間で浮上していた。この問題を巡りこれまでに米国で少なくとも8件の訴訟が起こされている。

アップルは28日に公表した発表文で、故意に製品寿命を短くすることはしていないと主張した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会おじさん

    倉持由香

  4. 4

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  5. 5

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  6. 6

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  9. 9

    地震後の北海道 今行くべき理由

    BLOGOS編集部

  10. 10

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。