記事

北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか ー言論NPOと米・メリーランド大学の第一回日米共同世論調査

1/2

今回の調査は、北朝鮮の核兵器問題の解決や有効な対策、さらには米国の軍事行動の是非や今後の日米の対応などをめぐって、日本と米国の国民に尋ねたものである。

 今回の調査でまず明らかになったのは、米国が軍事行動を起こすことについて米国内でも32.5%が支持するなど日米両国民間にもある程度の支持があるが、最も有効な手段は外交努力であり、軍事行動は最後の手段として理解されているということである。

 さらに現時点で、両国民はこの数年で北朝鮮の核兵器開発問題が解決に向かうとは考えておらず、こうした先行きの不透明さを反映して、米国内には北朝鮮の核保有自体を認めるべきと考える人や、日本と韓国の核武装を認める人がそれぞれ4割も存在するなど、日本国民との意識のズレも浮かび上がっている。

 この調査は、日本側では全国の18歳以上の男女を対象に今年の10月21日から11月5日にかけて訪問留置回収法で実施し、有効回収標本数は1000。
米国側は、今年の11月1日から6日にかけて米調査会社のパネル標本を基に米国の国勢調査に沿う形でランダムにサンプルを抽出し、メール及び電話にて調査を実施。有効回収標本数は2000。

 以下、調査で明らかになった、日本と米国の北朝鮮問題に対する意識を説明する。

 まず、米国のトランプ大統領の北朝鮮に対する対応については、日本では62.9%、米国は58.9%と、それぞれ約6割が「適切な対応をしているとは思えない(「全く」と「あまり」の合計)」と考えている。

 そうした不満を特に強く感じているのは米国人で、41.2%が「全く適切に対応していると思わない」と判断している。日本人では50.7%と半数が「あまり適切に対応していると思わない」と感じている程度である。

 これに対して、トランプ大統領の行動を、「適切な対応をしている(「どちらかというと」を含める)」と考える人は米国40%、日本35.9%と4割程度になっており、国内的には評価が分かれていることには留意が必要である。

1.png


米国の軍事行動に関しては「反対」の声が支配的なわけではない

 北朝鮮への米国の軍事行動の是非では、日本では48.3%と半数近くが、米国でも44.2%が「反対」だとし、それが最も多い回答となっている。ただし、米国では32.5%が軍事行動に「賛成」と支持しているほか、22.7%が「わからない」としており、反対の声が国内で支配的なわけではない。日本でも「賛成」は20.6%も存在し、30.8%が「わからない」とその判断を避けている。

2.png

ただ、最も有効な方法は「外交努力」で、軍事行動は最後の手段との意識が強い

 北朝鮮の核兵器開発を止めるための最も有効な方法に関して、米国で最も多い回答は、「六者会合など関係する周辺国による多国間での外交努力を続ける」の35.3%で、4割近くが多国間による外交努力の継続を支持している。これに「中国がより強い姿勢を示すこと」が21.6%で続いており、「アメリカによる軍事行動」を最も有効だと見る人は10.8%にすぎない。軍事行動はあくまでも最後の手段との意識が米国人に強いことがわかる。

 これに対して、日本では「北朝鮮の核兵器開発を止めることができるとは思わない」と今後の展開を悲観視する見方が27.2%で最も多い。

 ただ、これに「北朝鮮とアメリカの間での直接対話」が20.6%、「中国がより強い姿勢を示すこと」が16.5%、さらには「六者会合など関係する周辺国による多国間での外交努力を続ける」が15.5%で続いており、半数を超える日本人が外交努力を期待している。

 「アメリカによる軍事行動」を最も有効とする日本人は8.4%にすぎない。

4.png

日米ともに、この1、2年で北朝鮮の核兵器問題の解決はできないと見ている

米国では、北朝鮮の核兵器開発問題は解決できるか、という問いに「わからない」と回答する人が41.6%で最も多く、それに「解決は難しいと思う」と考える人が32.6%で続いており、7割を超える人が北朝鮮の核兵器開発問題の解決に向けた展望を持てていない。

米国では、「今年中」や「来年」に解決するという見方も合わせて9.5%にすぎず、「5年後には解決すると思う」と見ている人も15.6%と2割に満たない。

日本では「解決は難しいと思う」が67.4%と7割近く存在し、これに「わからない」の21.9%を加えると9割近くの人が、解決自体に確信を持つことができていない。

3.png

 これに関連して、10年後の朝鮮半島の状況に対しても厳しい見方が高まっている。

 日本人は46.7%が「わからない」とし、「現状の不安定な状況のまま」が28.2%で続いている。7割を超える日本人は状況の進展自体を判断できていない。

 米国人は「戦争や北朝鮮の崩壊による不安定と暴力の連鎖が続く」が44.6%で最も多く、「現状の不安定な状況のまま」が32%で続いている。半数近い米国人は北朝鮮で何らかの行動があること、さらにその結果、朝鮮半島が長期にわたって混乱し、安定化への道筋が10年後を視野に入れても見えないと感じている。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。