記事

亡命兵士「寄生虫だらけ動画」が北朝鮮を内部から食い破る


金正恩氏(朝鮮中央通信)

2017年の北朝鮮を振り返る(3)

韓国軍当局によると、今年は計9回にわたり15人の北朝鮮国民が、北朝鮮と米韓軍が対峙する最前線の警戒をかいくぐって韓国に亡命した。昨年の亡命者が5人だったのに比べ3倍に増えた。今年の亡命者のうち4人は軍人である(昨年は1人)。

とくに衝撃的だったのは、11月13日の兵士亡命時に起きた銃撃事件だ。このとき、亡命した北朝鮮兵士は追っての銃撃を浴び、瀕死の重傷を負った。続いて今月21日に起きた兵士亡命に際しても、北朝鮮と韓国は交戦には至らなかったにせよ、双方が発砲する場面があった。

今後もこうしたことが続くと、不測の事態から緊張がエスカレートし、戦争の危機にまで発展する可能性がある。実際、2015年8月には北朝鮮側が自軍兵士の脱走防止用に仕掛けた地雷に韓国軍兵士が接触し、身体の一部を吹き飛ばされる重傷を負った。これがきっかけとなり、南北には「戦争前夜」の空気が漂ったのだ。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

北朝鮮兵士の亡命との関連でもうひとつ衝撃的だったのは、銃撃を受け瀕死の状態に陥った兵士が手術を受けた際、腸内から大量の寄生虫が出てきたことだ。兵士がそうなってしまった原因は、北朝鮮の農業政策の失敗にあると思われる。

(参考記事:北朝鮮の亡命兵士の腸が寄生虫だらけになった理由

そして、この兵士の手術の際の動画が米CNNによって公開されたことは、今後、金正恩体制に少なからずダメージを与えるだろう。

(参考記事:必死の医療陣、巨大な寄生虫…亡命兵士「手術動画」が北朝鮮国民に与える衝撃

この動画は、北朝鮮国内に密かに持ち込まれ、一般国民の間で広く視聴される可能性が高い。これを見たとき、北朝鮮の人々はどれほどのショックを受けるだろうか。「あんなものが、もしかしたら自分や家族の体内にも……」と思ったら、居ても立っても居られなくなるはずだ。

北朝鮮の多くの人々は、理不尽な体制に疑問を持ち、経済難に苦しみながらも、与えられた条件の下で自分と家族が生き延びるための道を必死に探り、今まで耐えしのいできた。だが、自分の体が内部から冒されていると知り、その責任が体制にあると知ったら、思想や政治的な意見の次元を離れ、生理的な次元で体制を受容できなくなるのではないか。

それが人々をどのような行動に駆り立てるかはわからないが、金正恩体制への北朝鮮国民の嫌悪感は、いよいよ本物になると思われる。

「※デイリーNKジャパンからの転載」

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    北の核実験中止 日本には脅威か

    緒方 林太郎

  6. 6

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  7. 7

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  8. 8

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  9. 9

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  10. 10

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。