記事

名刺交換は「目的」ではなく「手段」

171228businesscard

少し前に書いた年賀状に関するブログは、大きな反響呼びました。

年賀状と並んでも1つ気になっているのが、名刺です。ビジネスミーティングで初対面の場合、名刺交換から始めるのが常識ですが、講演会やセミナーなどでも名刺交換をしようとする人がいます。

名刺交換はそれ自体が「目的」ではなく、その後の接点を作り、ビジネスやコミニケーションを続けていくための「手段」です。

私が登壇する大規模な講演会やセミナーに来場された方の場合、お1人お1人のお顔とお名前は申し訳ありませんが、覚えきれません。面識のない方に大量にお会いするのですから、名刺交換したとしても、その後こちらからご連絡することはほとんどありません。逆に相手側から連絡したい場合は、私の会社のウェブサイトのお問合せフォームからコンタクトしてもらえれば確実です。

にもかかわらず、名刺の交換だけを目的にして、自分の名刺を渡し、そのまま何も話をすることなく帰ってしまう人がいます。果たしてその目的はなんなのでしょうか。名刺交換という手段が、目的化してしまっているのではないかと思います。

最近は、大規模なセミナーや講演会には、名刺を持参しないようになりました。時間をかけて数十枚の名刺交換をしても、後から顔を思い出せない方が大半で、せっかく交換しても、いただいた名刺が無駄になってしまい申し訳ないからです。

今や、コミュニケーションの手段としてはLINEやFacebookメッセンジャーもあり、名刺交換は年賀状に似たセレモニーのようなものになってきています。

交換した名刺は、名刺管理ソフトで再び電子化してデータベース化しています。であれば、名刺も最初からインターネットを使って交換できれば、効率化できるのではないかと思いました。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年12月28日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「名刺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  3. 3

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  4. 4

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  5. 5

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  6. 6

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  7. 7

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  9. 9

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  10. 10

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。