記事

日馬富士暴行事件をめぐる週刊誌とテレビの報道はなぜこんなに違うのか

1/2
月刊「創」

 日馬富士暴行事件に端を発した大相撲騒動は年末までもつれこんだ。

 11月14日のスポニチのスクープに端を発したこの騒動、そもそも暴行事件があったのは10月26日だから2カ月以上にわたって続いていることになる。ワイドショーも週刊誌も視聴者や読者の反応が非常に良いそうで連日、報道を展開している。特に平日の生の情報番組を増やしているテレビの場合は、白鵬や貴乃花親方を追いかけて「何か一言」とマイクを突きつけるだけで画が成立するから、そういう映像を大量に流している。

 連日そういう画面ばかり見せつけられる側からは、もううんざりだという声も出ているのだが、このマスコミによる大騒動、考えてみると非常にわかりにくい。そもそも暴行事件は偶発的なものだったのか、なぜ貴乃花親方は相撲協会に協力的でないのかなど、騒動の骨格部分がテレビを見ていてもさっぱりわからないのだ。

 テレビと週刊誌の報道が全く異なった見方のまま続いていることも奇妙だ。図式化して言えば、週刊誌は白鵬と相撲協会を批判し、テレビは貴乃花親方に批判的だ。例えば『週刊文春』12月21日の見出しは「貴乃花が許せない相撲協会“三悪人”」。三悪人とは相撲協会の八角理事長と尾車親方、そして白鵬だ。『週刊新潮』12月21日号も「沈黙の貴乃花が心情吐露!『本当のワルは白鵬』『私は完全にハメられた』」と貴乃花親方寄りの切り口だ(といっても貴乃花親方が誌面に登場するわけでなく、根拠は匿名の関係者の証言なのだが)。

今回の騒動を週刊誌で読んでいる人と、新聞・テレビで見ている人とでは、明らかに違った印象を持っていると思われる。そしてこの奇妙な構図にこそ、大相撲をめぐる報道の構造的な問題が隠されているといえる。実はその構造的問題を把握することが今回の騒動の本質を理解する鍵でもあるように思うので、少し整理してみたいと思う。

 週刊誌が今のような白鵬と相撲協会に批判的な論陣を張るようになった端緒は、11月30日発売の『週刊新潮』12月7日号の記事だった。「『貴乃花』停戦条件は『モンゴル互助会』」と見出しはわかりにくいのだが、記事内容は明快だ。一言で言えば「この騒動の背景に八百長問題がある。それを理解しないと騒動の本質はわからない」というものだ。

 モンゴル人力士が部屋を超えて結束し親睦を深めているのは知られているが、同誌はそのモンゴル人力士同士の幾つかの取り組みを具体的に検証している。例えば2012年5月場所。横綱を目指していた大関の日馬富士が14日目を終えて7勝7敗。最後に白鵬に勝って勝ち越すのだが、その白鵬の負け方が不自然だとして、ベテラン相撲ジャーナリストの分析を紹介している。他にも幾つかの取り組みについて、同誌はそういう分析を行っていく。つまりモンゴル人力士同士の関係がある種のなれ合いを生み、八百長が疑われるような状況に至っているというわけだ。

 そして暴行事件との関わりについて言えば、そういうモンゴル人力士同士の関係に疑問を呈してきたのが、相撲界の八百長体質を批判してガチンコを実践してきた貴乃花親方であり、弟子の貴ノ岩だったという。貴ノ岩がそういう意見であることはモンゴル人力士の間では知られており、今回の暴行事件は偶発的なものではなく、そういう貴ノ岩の言動に対する白鵬らによる報復だったというのだ。

 確かにこの見方だと、合点の行くことも多い。貴ノ岩が白鵬ら世代の時代は終わったと話していたというのが先輩に対する無礼な態度だとして暴行事件に至る遠因とされているが、その言動も、単に貴ノ岩が生意気だったのではなく、親方から引き継いだガチンコ相撲を提唱したものと理解すると、印象が180度違う。

 また貴ノ岩がモンゴル人力士でありながら白鵬らに批判的で、暴行事件がそれに対する報復だったとすると、貴乃花親方が相撲協会でなく警察に被害届を出したことや、公の場で自分の考えを語らないのも理解できる。貴乃花親方が、八百長を産み出す体質への批判から今回の行動に出ているとすれば、これは相撲界のタブーに触れることで、マスコミの前でべらべらしゃべるわけにはいかないわけだ。

 ただ、もちろん事件の背後に八百長問題が存在するという『週刊新潮』の見方を、相撲協会は真っ向から否定しており、同誌発売直後に抗議文を送っている。それゆえ、週刊誌は、翌週に『週刊文春』が同じ見方を展開し、白鵬や相撲協会批判のキャンペーンを張っていくのだが、新聞・テレビはその見方に触れることもできない。相撲協会が否定していることを報道していけば、協会への取材ができなくなる恐れがあるからだ。過去、『週刊ポスト』『週刊現代』そして今回の『週刊新潮』『週刊文春』と、八百長問題を追及してきたのはもっぱら週刊誌で、新聞・テレビは黙殺してきた。記者クラブメディアと週刊誌との対立という構図だ。

 かつてキャンペーンを張った『週刊現代』が訴訟を起こされて挙証責任を問われ敗訴したこともあったように、八百長問題というのは立証が難しい。『週刊新潮』12月7日号があげた幾つかの取り組みについても、例えば私は東京新聞の「週刊誌を読む」という連載コラムで紹介したところ、相撲ファンを名乗る読者から、その見方は誤っている、という投書が届いた。『週刊新潮』の記事では、好調だった白鵬がその一戦に負けたのは怪しいという見方が披露されていたのだが、当時白鵬は好調ではなく、その一戦は負けても不思議はない、データをよく分析すればわかるはずだ、というのだ。

 私としては同誌の記事を紹介しただけで、内容についてそう言われても困ってしまうのだが、その投書はせっかくなので、『週刊新潮』の宮本太一編集長に会った時に、コピーを渡しておいた。同誌編集部にも12月7日号の記事については、たくさんの意見や反響が届いているそうだ。八百長問題というのはあくまでも状況証拠によるもので、特定の取り組みが疑わしいかどうかは、当事者が証言でもしない限り、認定が難しい。2011年にそれが社会問題化したのは、野球賭博を機に警察の捜査が入ったからだ。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。