記事

【アマゾン】、恒例となる「過去最高」発表!アマゾンはちょっとコワいメイド派遣業者?

[ブログで画像を見る]

■ネット通販最大手のアマゾンは26日、2017年の年末商戦における様々な販売記録について発表した。ホリデーシーズン中に年会費99ドルのプライム会員数が急増し、1週間に400万人が加入したとしている。アマゾンはプライム会員数の具体的な数値は公表しない。2017年がまだ6日間も残っている一方で、アマゾンは2017年の年末商戦が過去最高のホリデーシーズンとした。なかでも同社が開発したスマートスピーカー「エコードット(Echo Dot)」とストリーミング用端末の「アレクサ対応ファイアTVスティック(Fire TV Stick with Alexa Voice Remote)」がアマゾン製品で最も売れ、全てのカテゴリーでもベストセラー製品となった。

リアル書店のアマゾン・ブックスでもエコードットはベストセラーとなっている。またエコードットや発売されたばかりのエコースポット(130ドル)、エコーボタン(20ドル)は一時的に品切れとなった。現在も品切れが続くエコードットは、クリスマス後も30ドルのセール価格のままとなっている。ファイアーTVは昨年の同時期に比べ2倍以上も売れ、イギリスやドイツ、日本の海外でもトップセラーとなっている。キッズ用タブレットのファイアキッズ(Fire Kids Edition Tablets)は昨年の年末商戦に比べて2.4倍も販売された。数百万人のプライム会員がスマートスピーカーのエコー経由で日用品やプレゼントを音声注文しており、最も人気となったのはエコードット、アレクサ対応ファイアTVスティック、TP-LINKスマートプラグだった。アマゾン・アプリを使った買い物も全世界で急増しており、昨年に比べて70%も増加した。

 アマゾンでは年末商戦にかかわる多くのトリビアを発表しており、幾つかを取り上げるとアマゾン・エコーへの注文で最も多かったリクエスト曲はマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)」だった。クリスマスソングでは「ジングルベル(Gingle Bells)」となっている。リクエストのクリスマス曲が多かった地域はニューヨーク、シアトル、シカゴ、ヒューストン、サンディエゴ。東海岸に住む人は西海岸に住む人より2.5倍もクリスマスソングをエコー経由でかけたとしている。

トップ画像:エコースポットとエコースポット経由で音声注文で購入したニンテンドー2DSLLゲーム機。エコースポットのスクリーンには「12月22日金曜日にご注文いただいた商品は届いています」とある。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。英語に「ゲートウェイ・ドラッグ(gateway drug)」という言葉があります。「他の薬物の使用を誘導するための入り口となるという薬物」という意味です。より麻薬中毒に陥りやすいハードドラッグのきっかけとなるソフトドラッグです。ゲートウェイ・ドラッグにはマリファナや脱法ドラッグの他にお酒やタバコも含む場合もあります。あまり良い喩えではありませんが、クリスマス後も30ドルのセール価格で販売しているエコードットはある意味、ゲートウェイ・ドラッグです。エコードットを購入して使用するようになると、もっとアレクサを使ってみたいと考えて、グーグルのスマートスピーカーの「グーグル・ホーム(Google Home)」を購入するよりエコーファミリーを購入する可能性が高くなるからです。グーグル・ホームにもエコードットに対抗したスマートスピーカーの入門機「グーグル・ホームミニ(Google Home Mini)」があります。

⇒グーグルのスマートスピーカーはグーグル・ホームとミニの2つしかありません。一方、エコーにはスタンダードモデルのエコー(Echo)やホームネットワークハブの機能を搭載した最上位モデルのエコープラス(Echo Plus)、屋外の使用を想定した充電可能なエコータップ(Echo Tap)、7インチのディスプレイを搭載したエコーショー(Echo Show)、直径2.5インチの丸形のスクリーンで目覚まし時計のようなエコースポット(Echo Spot)と多種にわたっています。入門機でアレクサのスキルを使いこなしてくると、アップグレードしたくなります。グーグル・ホームが安価だったとしてもエコー利用者がグーグル・ホームを買いません。ベッドルームには目覚まし時計のエコースポット、リビングルームにはエコープラス、キッチンにはエコーショーを置きたくなるものです。アマゾンにとってエコードットが売れれば売れるほど、利用者はのちにアップグレード購入するのが(データからも)わかっていますから、ベストセラーにしたいのです。

⇒家じゅうにエコーが置かれるようになったことを想像すると、大手チェーンストアにとってはとても恐ろしいことが起きてきます。アレクサがメイドになるのです。深夜の遅い時間でも、家政婦が時間や天気、ニュースを教えてくれます。音楽までかけてくれるのです。ジョークも言えたりします。必要なものがあれば注文もしてくれます。アレクサがトイレにいれば、トイレットペーパーが切れそうなときも、恥ずかしくなくメイドを通じて注文することになるのです。アマゾンからやってきた家政婦のアレクサが家中に居座ることになれば利用者はお店に行くことはなくなります。居酒屋で人は何も考えず「とりあえずビール!」と注文するように、自宅では「とりあえずアレクサ!」となってしまうのです。つまりエコードットはゲートウェイ・メイド。自宅に家政婦のエコーが増えるとアマゾン・エコシステム(ecosystem:経済的な依存関係)が構築されてしまうのです。エコー(Echo)はエコ(Eco)からつけられていたらと考えると怖いですね。

 アマゾンはプライムデーやサイバーマンデー、年末商戦のあとに毎度「過去最高」と発表しています(実際そうなのでしょうが...)。またベストセラーのエコードットを強調します。人は人気商品を欲しがります。で、自宅に一人目のメイドがやってくるのです。アマゾンはちょっとコワいメイド派遣業者です。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  2. 2

    橋下氏「日大会見の司会が最悪」

    橋下徹

  3. 3

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    日大監督の「自供」を文春が公開

    文春オンライン

  5. 5

    自民重鎮「愛媛知事は出たがり」

    深谷隆司

  6. 6

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  7. 7

    よしのり氏 安倍政権は戦後最低

    小林よしのり

  8. 8

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

  9. 9

    上場企業の平均年収ランク 1位は

    キャリコネニュース

  10. 10

    日大選手会見で蘇った補欠の苦悩

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。