記事
  • ヒロ

日本の鉄道技術の輸出促進を

新幹線の台車にひびが入っていた重大インシデントは業界の方のみならず多くの人にニッポンの「シンカンセン」への衝撃となったことと思います。この原因究明はぜひとも早く進めて頂きたいと思いますが、世界は日本の鉄道技術を必要としています。日本の鉄道各社は積極的な売り込みをして、実績作りをしてもらいたいものです。

一週間ほど前、アメリカワシントン州で特急列車の運行初日に高架で脱線し、その列車が真下を走る高速道路に落ちるという信じられない事件が起きました。事故のあったインターステート5号線と称する高速道路は北はカナダから南はメキシコまでつながる大幹線道路で私もかつてワシントン州のオリンピアで兼任仕事をしていた際、毎週必ず通っていたところであります。

アメリカの一部では高速鉄道を望む声が高まっています。今回脱線したワシントン州でもシアトルがアマゾン村と化していると言われますが、もともとはボーイングの巨大な空港を含む工場があり、ウェアーハウザーがあり、マイクロソフトがあり、コストコもあります。アメリカ西部といえばサンフランシスコがハイテクのメッカとして注目されますが、シアトルもすさまじい発展ぶりなのであります。

そのため、私の知る限りこの25年、シアトル近郊の高速道路は拡幅をし続け、優先レーンに相乗り奨励を進めていますが、交通渋滞は悪化の一途であります。そんな中、シアトルでは鉄道路線を見直そうという雰囲気の中、もともとあった鉄道路線が海岸沿いの曲がりくねった形状のところに敷設されていたため、約23キロほどのバイパス鉄道ルートを敷設、まさにその開通した初日の一番列車が見事に脱線したという笑い話にもならない事態であります。

現地の報道からすると自動列車運航制御装置が作動せず、スピード超過だったとされますが、いまだ、原因は判明していません。

そんな中、最近、カナダバンクーバーからシアトル経由ポートランドまで結ぶ高速鉄道の計画が持ち上がっており、ニュースにもしばしばお目見えするようになりました。アメリカ各地で新幹線の計画がありますが、ここノースウエスト地区でも本気で検討が行われているのです。

アメリカの鉄道技術が劣っているかどうか、これは分かりませんが、もともと旅客輸送の需要がほとんどないアメリカにおいて高速鉄道を自前で作るのはいかんせん厳しい話。となれば世界にそのチャンスは巡ってきます。ところがバンクーバーの新聞あたりは高速鉄道=TGVといった欧州のイメージを写真等で植え付けていますし、カナダにはボンバルディアという強力な鉄道会社もあります。

北米での鉄道旅客開拓はまず、イメージ刷新からスタートしなくてはいけません。今回脱線した特急も乗客70数名と日本なら一両分程度の客しか運んでいないのです。一方、ニューヨークあたりになると電車通勤は当たり前です。まずは電車の利便性を訴えることから始める必要があるのでしょう。

ところで日経にインドネシアが日本の鉄道技術を強く求めているとあります。ジャカルタとスラバヤを結ぶ主要路線について日本に協力を求めているようです。たしか、インドでも日本式新幹線の検討が進んでいます。中国は安値で契約まではいい顔をするもののそのあとがひどく、どの国も辟易としてとてもじゃないがやってられないとサジを投げることが続いています。

日本が次の世代につなげる世界で打ち勝てる産業は何か、と考えた時、案外、鉄道が本命だったりするように思えます。台湾新幹線もほとんどが日本のゼネコンが工事をしており、私の知り合いも少なくとも10名は技術者としてその建設に関与していました。

日本にニュービジネスの夢を、と考えると古くて新しい鉄道技術は大本命だと確信しています。ガンバレ、ニッポン。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  6. 6

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  9. 9

    山口の行方不明2歳発見 母が会見

    AbemaTIMES

  10. 10

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。