記事

ああ、貴乃花親方の一人相撲だったんですね

がっぷり四つの大相撲を期待していたのだが、実態はどうも貴乃花親方の一人相撲だったのかしら、などと思っている。

相撲協会の事情聴取に貴乃花親方が弁護士帯同のうえで応じた、という報道がなされているが、事情聴取の場に弁護士が同席した、ということは、いざとなれば貴乃花親方には法的な手段に出る用意がある、というメッセージだと受け取るべきだろう。

弁護士が同席しながら、弁護士がマスコミに向かって何も言わないでいる、というのは、基本的に貴乃花親方側からは何もしませんよ、今は、相撲協会がどう対処されるのかただ見守っているだけですよ、と言っているのと同じである。

マスコミの報道では、相撲協会としては貴乃花親方に対して何らかの処分を課する方向で検討している、ということだが、相撲界の将来を考えたら貴乃花親方に対する処分は見送った方がいい。

仮に理事降格や巡業部長としての職務停止などということになったら、貴乃花親方側としては何らかの法的措置に踏み込まざるを得なくなるはずである。

週刊誌やスポーツ紙が興味本位であれこれ書き立てるのは、ある程度は止むを得ないと思うが、法廷闘争にでもなってしまえば、普通は争いが泥沼化し、互いに引くに引けない状況に追い込まれて行くものだ。

フアンを巻き込んでの大きな争いにしないようにすべきである。

貴乃花親方の弁護士は、これまでマスコミに登場しないように自制しているように見えるのだから、相撲協会側もその意を汲んで、くれぐれも慎重に対処されることである。

お節介ながら・・・。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  7. 7

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  8. 8

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。