記事

先にお金を得ようとする失敗する<「自分」を仕事にする生き方> - はあちゅう

会社の名前はなく、個人の名前、つまり「自分」で仕事をする風潮が強くなるばかり。この逆らえない流れのなかで、まさにこのことを実践してきたはあちゅうさんが、12月20日に発売された単行本『「自分」を仕事にする生き方』でその具体的方法を明かしました。
本書より「2 好きなことをお金に換える方法」をお届けします。
(全体の目次

見返りなしでも出来ることから始める



自分を仕事にしようとした時に陥りがちな失敗は、いきなりお金に換えようとすることです。

お金に換えるための方法は考えるべきだと思いますが、そう簡単にお金はもらえないものです。このバランス感覚を失うとトラブルのもとになってしまうかと思います。

「お金にする」というのは「お金になるまで続ける」ということに言い換えられるかもしれません。

たとえば、「意見をお金に換える」という例でインタビューを出しましたが、インタビューでお金をもらうには、どんな質問がきても答えられるように、意見を深掘りしているか、貴重な体験をしているか、そこそこ知名度を高めるかのどれかです。

自分を仕事にしたいと思っている皆さんは、先にお金をもらうことばかり考えずに、後からお金になることに慣れてください。お金も結果も、必ず後からついてきます。

自分を仕事にすればするほど、先行投資が必要になるんです。会社に入るにも、受験戦争を勝ち抜いて、就活を突破して……と時間とお金の投資が必要だったと思います。自分の信用度を上げて人に認めてもらうには、それだけの先払いが必要なんです。

見返りをいきなり求めると、お金を手にする前に悪評が広がってしまいます。

まずは、自分の強みを無料で人に提供するくらいのつもりでいてください。それが誰かの目に留まると、反響という形で返ってきます。そしてクチコミがある程度に達すると、その中からお金を払う人が出てきます。

知り合いに結婚式専門のカメラマンがいます。彼はカメラが趣味なので、週末に友人たちの結婚式で写真を撮っていたところ、その腕を見込まれて「うちの結婚式にも来てください」と頼まれるようになり、評判が評判を呼んで、独立したそうです。今は無事に自分を仕事にして、会社員時代の数倍の収入を得ています。

一方で、結婚式のカメラマンになる、と経験もないまま見切り発車で会社を辞めた人の話を聞いたことがあります。彼は、私の友人に自分から売り込んで仕事を得ましたが、出来上がった写真はピンボケだったり、構図がへたくそだったりと、とにかくひどく、友人はかんかん。それなのに、請求されたのはプロと同額の数十万円だったそうです。

「こんな素人のお仕事に、そんなお金は払えない」と揉めに揉めて結局、半額ほどで手を打ったそうですが、その友人は、あちこちでこの話を言いふらしていて、まったくそのカメラマンとつながりのない私にまで悪評が伝わってきています。一生に一度の日に嫌な経験をしたのだから、当然だとは思いますけどね。

カメラマンの名前はここでは伏せてはいるものの、それを聞いた私がこうやって本に書いてまた広めるわけだから、悪事千里を走るじゃないですけど、悪い評判って、本当に広まるスピードが速いんだということ、わかってもらえるかと思います。

評判をつくったら、ちゃんと自分が考える自分の値段を相手に提示していいと思います。けれど評判をつくるまでは、先行投資だと割り切って「練習させてもらう」くらいの心構えでいないと、お互いに相手に高い期待を持ってしまって、良い関係がつくれないと思うのです。先にお金を得ようとした人は大体失敗します。最初は、自分のお金と時間を注いで評判をつくることを優先させてください。

**
続きは、『「自分」を仕事にする生き方』をご覧ください。
1月から3月まで全3回の刊行記念セミナーも開講します。詳細・お申し込み
みなさまのご参加をお待ちしています!


はあちゅう/藤沢数希『男と女がいつもすれ違う理由』
幻冬舎plusで立ち読み・買う
Amazonで買う


はあちゅう『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』
幻冬舎plusで立ち読み・買う
Amazonで買う


はあちゅう『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』
幻冬舎plusで立ち読み・買う
Amazonで買う


はあちゅう/DJあおい『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』
幻冬舎plusで立ち読み・買う
Amazonで買う

あわせて読みたい

「はあちゅう」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  5. 5

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  6. 6

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  7. 7

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

  8. 8

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  9. 9

    黒塗りタブー化は新たな差別生む

    岩田健太郎

  10. 10

    マツコ ドヌーヴさん発言に異論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。