記事

外相専用機導入を見切り発車してはならない~「中古で小さくていい」は全くの素人的発想で実は非効率~ - 織田邦男

1/2
 河野太郎外務大臣は12月18日の自民党外交部会で、平成31年度予算での外相専用機の導入に意欲を示した。

 「中国の王毅外務大臣は(過去5年間に)のべ262カ国を訪問している。日本はわずか97カ国。ほぼ3倍近い訪問国の差がついている。専用機を使えると、訪問国を増やす上でも非常に大きな役割を果たすと思う」と述べ、日本の外交力強化のため、外相専用機の必要性を訴えた。

 これを「おねだり」と報じたメディアに怒った河野外相は感情的に反発している。だが、ここは外交に関わる事なので、その合理性を冷静に検討する必要があるだろう。

 筆者は現役時代、政府専用機を保有する特別輸送航空隊を隷下にもつ司令官を経験したので、その必要性は分る。この件は古くて新しい課題であり、現役当時も何度か検討の俎上に上がっては消えた。消えた原因は、外相専用機を保有することには、想像以上に大きな、そして多くの課題があり、これを解決しなければ実現可能性がないということだ。

 超多忙な外務大臣が、地球を俯瞰しながら東奔西走しなければならず、待ち時間などに煩わされることなく、可能な限り多くの時間を外交に割きたい。それは良く理解できる。だからといって、それが外相専用機保有につながるかというとそれは短絡的過ぎる。貴重な税金を費やすのであるから、代替手段を含めて費用対効果、受け入れ可能性、実行可能性をしっかり詰め、地に足の着いた複眼的で冷静な検討が求められる。

 河野外相は会合で「外相の専用機を1機、小さくてよい。(米国)東海岸まで給油なしで行け、中古でも構わない」と述べ、候補機種に米ガルフストリーム社の「650ER」の名前を挙げた。「20人乗りだが、(米国の)東海岸まで給油なしで行ける」と述べ、19年度予算案の概算要求に計上する意向を示している。

 当該機を購入すれば74億円かかる。「たかが74億円じゃないか、国益を考えれば安いものだ」という政治家や外務官僚もいる。だが、こういう浅薄で表層的な主張が一番危うい。航空機を飛ばすには機体購入費だけでなく、それを運用する要員を訓練して確保すると同時に、安全を確保して維持運営するためには莫大な経費がかかる。

 仮に外相専用機を導入したとしよう。それを誰が管理運用するのか。搭乗員はどう確保するのか、その養成・教育訓練は、機体の維持整備は、その経費負担は等々、具体的に検討しなければならない。同時に専用機導入以外に代替手段はないのか等、詰めるべき課題は山ほどある。こういった実態に即した妥当性、実行可能性、受け入れ可能性をしっかり詰めた上での発言でなければ、発信力の強い河野外相だけに、「導入」が一人走りし、将来に禍根を残す可能性がある。

 記事を見る限り、導入後の管理運営、維持の主体に航空自衛隊を念頭に置いているようにみえる。航空自衛隊は現在、政府専用機を保有し運用している。だから小型機の外相専用機を1機や2機追加保有したところで問題ないだろうといった安易な考えがあるとしたら、それは大きな間違いである。防衛力整備全体との整合性も図る必要がある。

 もし、航空自衛隊が管理運営するのであれば、外務省は、機体購入費だけではなく、運営に必要な自衛官の定数増、整備維持費等、教育訓練費など諸経費をパッケージで要求し、全て確保しなければならない。これが満額確保できず、防衛予算から支出するようになれば、それは間違いなく防衛力の弱体化につながる。

 何より人の問題は深刻だ。操縦者の養成は一人前になるのに5~6年を要し、莫大な予算がかかる。働き盛りの操縦者をこれに充てねばならず、戦力ダウンは避けられない。

 仮にそれは甘受するとしても、問題は整備員を含めた人員増(定数増)だ。現在、公務員定数抑制のあおりを受け、自衛官の増員も決して容易ではない。これまで新規事業でも必要な人員を全て確保はできていない。通常、「雀の涙」ほどの定数増が認められるだけであり、足りない人員は、部隊のスクラップで何とか捻出するという状態がここ十数年続いている。つまりタコが自分の足を食って食欲を満たしているような状況であり、これが続けば、いつか自衛隊は破たんする。

 近年、任務が著しく増大し、部隊数や装備は増えても定数はほとんど変わらない現状を見れば、部隊の窮状が容易に想像できる。たとえ外務省が防衛省に代わって、この定数増を予算要求したとて、今の政府方針が変わらない限り、満額回答はあり得ない。部隊の苦悩は増えるばかりだ。

 北朝鮮情勢や東シナ海の情勢は日増しに緊迫度を増している。こういう情勢下にあって、現場部隊は限られた人員で文句も言わず、歯を食いしばって日夜、国の為に粉骨砕身頑張っている。部隊が疲弊しつつある状況を、何とか叱咤激励しながら温かく見守るならまだいい。逆に現場部隊から更に人員を抜き出して、部隊の疲弊を加速するようなことは決してやってはならない。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  5. 5

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  6. 6

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  7. 7

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  8. 8

    希望と民進「国民民主党」で合意

    民進党

  9. 9

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  10. 10

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。