記事

ビットコイン下落、関連株は上昇幅維持

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 仮想通貨ビットコイン相場の最近の下げや市場参加者に広がる懐疑的な見方にもかかわらず、ここ数週間急伸していた仮想通貨の関連銘柄は上げ幅の大半を維持している。

ロイターは、仮想通貨の根幹となるブロックチェーン(分散台帳)技術や仮想通貨に関連した発表を行った企業の17銘柄を調査。それによると、こうした企業が発表を行った時から21日の終値までの平均上昇率は224%となった。

米ロング・アイランド・アイスティー・コープ<LTEA.O>は21日、ブロックチェーン技術に事業の軸足を移し、社名を「ロング・ブロックチェーン・コープ」に変更すると発表。株価は同日、300%近く上昇した。

仮想通貨関連株の急伸は、インターネット関連事業の導入などを発表した企業の価値が上昇したドット・コム・ブームを連想させる。バブルがはじけた後、こうした企業の多くは事業撤退に追い込まれたり、企業価値が低下したりするなどした。

22日の取引ではビットコイン相場<BTC=BTSP>が1万2000ドルを割り込み、多くの仮想通貨関連企業の株価を圧迫。ライオット・ブロックチェーン<RIOT.O>は15.3%、オーバーストック・ドット・コム<OSTK.O>は6.5%下落した。

関連銘柄はビットコインの値動きに影響を受けやすい一方、アナリストらは、こうした企業が信頼性の高い事業モデルを確立していることを投資家は確認すべきだとの見解を示している。

TDアメリトレード(シカゴ)の首席市場ストラテジスト、JJキナハン氏は「ビットコインが大半の商品と同様に取引されるようになり、毎日のように相場が大幅に変動しなくなれば」、こうした企業の経営自体に目が向くようになるとの見方を示した。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    改憲反対を論じる石田純一を評価

    篠田博之

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    人を傷つけることは表現者の宿命

    小林よしのり

  9. 9

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

  10. 10

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。