記事

武田鉄矢「愛の鉄拳には意味がある」、金八先生交え語る

【中学時代にビンタを受けた教師と涙の再会】

 教育の場で大きな問題となる体罰。しかし、かつてはそれが当たり前だった。俳優の武田鉄矢(68才)は博多で過ごしたやんちゃな少年時代、よく大人にひっぱたかれてきた。

「小学生の頃は掃除の仕方が乱暴でゲンコツされて、中学生の時は体育館の使い方が悪くてビンタ制裁ばかり。家の金を持ち出して映画を見て、母親から庭ほうきでバシバシ叩かれたこともあります」(武田)

 殴られても懲りない少年だったが、大人になって気づかされたことがあった。中学2年生の頃、バックネットによじ登って野球を見ていた鉄矢少年に、体育教師がビンタを食らわせた。

「手形の赤アザが1日取れないほど見事なビンタ。屈辱的だったし、『そこまで殴らなくてもいいじゃねえか』とも思いました」(武田)

 その後、東京に出て『3年B組金八先生』(TBS系)で熱血教師・坂本金八を演じてから、武田は地元の福岡で体育教師と再会した。

「その時、先生は『鉄矢か、偉ぅなったのう』と言った後、『おれ、お前ば殴ったもんね。ビンタかましたもん、反省しとるぞ』と涙ぐんでいらした。てっきり忘れていると思っていたけど、覚えていらっしゃってジーンときました。涙を見たとき、『先生の手も痛かったんだ』と初めてわかりました」(武田)

 その先生はかつて、子供に倒れかかってくるスタンド式のバックネットから生徒を助けようとして、背中に深い傷を負ったという逸話を持っていた。

「殴る時は殴るけど、守る時は体を張ってくれるかたでした。ぼくがビンタされたのも、バックネットの怖さを教えてくれるためだったのでしょう。だから今思えば、あのとき殴られてよかった。いい先生は、必ず子供をしっかりと見ているんです」(武田)

 だから『金八先生』では毎回必ず、金八が生徒を見つめるシーンを挿入していた。

「そういう先生が、生徒を殴った手の痛みをずっと覚えていれば、『愛の鉄拳』は絶対に意味があるものです。逆に殴られた方だけが痛ければ、それはただの体罰です」(武田)

『金八先生』の第1シーズンに出演し、現在は参議院議員を務める三原じゅん子(53才)も、先生の意図に後から気づいた1人だ。

「父も母も兄も礼節に非常に厳しかった。小学校もかなり厳しい学校で、テストの点数が80点に満たないと、担任から木刀でお尻を叩かれました。それが嫌だったから必死で勉強しました。でも今から振り返ると、その体罰は“お前はもっとできるはずなのに怠けたな”という担任の愛情から生じたものだったと思う。時には生徒を叩いて叱ることもあった金八先生の指導だって、愛情がこもっていたから多くの視聴者に支持されたのだと思います」(三原)

※女性セブン2018年1月4・11日号

あわせて読みたい

「体罰問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。