記事
  • ヒロ

甦れ、日本人の金銭感覚

クリスマスの社内食事会を知り合いが経営するバンクーバーでも人気ある日本食レストランでアレンジしてもらいました。わずか7名の宴席ですが、エグゼクティブシェフが2度も電話をかけてきて料理の調整をし、個室で素晴らしい会を催すことができました。この200席を超えるレストラン、オープンキッチンの中で働く料理人たちはほとんどが日本人。それに対して溢れんばかりの客の中に日本人はほとんど見えません。安い店ではありませんが、同レストランがオープンしたころはもっと日本人客は多かったものです。

いつも行く居酒屋。ここの店は10数年前ぐらいまでは日本の若者が大挙して集まり、おだを上げていました。それが徐々に中国人、韓国人に占拠され、最近はその韓国人も減り、ローカルの人が器用に箸を使いながらおでんで一杯飲んでいます。残念ながら今、日本人客をあまり見かけることはありません。日本の若者は何処に行ってしまったのでしょうか?

おおむね答えは同じで、「金がない」「外食は金がかかる」であります。確かに北米の外食は異様に高くなりました。税金やチップを考えると日本の金銭感覚では目の玉が飛び出てしまいます。日本円で1000円、つまり、カナダドルの11ドルぐらいで何が食べられるかといえばファーストフードがギリギリラインでレストランで座って食べたいならラーメン一杯でも無理でしょう。

かつて、同じような声は英国やオーストラリアからも聞こえてきました。つまり、日本の物価水準に慣れ親しんでしまうと外国があまりにもかけ離れた存在となり、「やっぱ、国内旅行にしよっかぁ」になってしまうのでしょう。

失われた○年で喪失したものは多いのですが、若い人が成長して金持ちになるという気持ちを持たなくなったのも大きな損失の一つだと思っています。私が20代から30代のさまざまな若者と話をする限りでは丸く収まってちっちゃな幸せを抱きしめて暮らせればいい、という男女が目立ちます。

別にそれが悪いとは言いませんが、メディアなどがそのトレンドを「今風の生き方」として取り上げ「役所に勤めたい」というのを就職の勝ち組と報じてしまえば「そっか、ちっちゃく丸く、役所勤めして人生、気楽に生きていくのがいいよね」に流されてしまいます。

日経にふと目に留まった記事があります。「日本株買い始めた若者たち 11月購入額4年ぶり高水準」で記事の内容をざっくり言えば高齢者は塩漬けの株を「やれやれ売り」をする一方で若者が少しずつ、株を買うようになったというものです。

私はビットコインをこき下ろしていますが、唯一、その効果に期待するものがあるとすればありえないほどの大金を手にする若者が増えた、ということかもしれません。今までストレス溜めながら一生懸命働いて稼いだお金よりビットコイン相場の利益は何倍も速く、多くをたやすく稼げるのだと。それに刺激を受けたほかの若者たちが「ビットコインは怖いけれど株は面白いのかもしれない」と思ってくれたらそれは「小さく、丸く」から「尖りながらも大きく育つ」への変化でありましょう。

あぶく銭が良いとは逆立ちしても申しませんが、メンタルの現状打破に優先度が高いようにも感じます。ポルシェを見て何も思わない人は縁がないと端からあきらめているからでしょう。ところがどんなボロ車でも自分の車を持った瞬間、「いつかはああいうのに乗りたい」と思うようになるものです。一歩目を踏み出すことです。

お金がないなら知恵を絞り、お金ができるようにする、これが大事ではないでしょうか?お金を使うと世界が広がるのも事実で新しいことを知ったり、出会いがあったりするものです。じっと家に籠っていても何も世界は拓けません。

そういえばバンクーバーで無印とユニクロがオープンしたのですが、聞こえてくるのは「日本の価格と比べて高ーい!」であります。昔からあるダイソーも約2倍で高い、というのがまず聞こえてきます。これがほかの国の人なら「〇〇がオープンしたからぜひ行きましょう。素晴らしい商品があるのよ」と肯定的に宣伝するものです。日本人が自ら日本の代表ブランドを否定してしまっては夢も希望もあったものではありません。

甦れ、日本人の金銭感覚、とは日本人はもっとお金に鷹揚だったあの時代を振り返っています。本当は持っているのに使わない方が増えているような気がするので、もっとお金をたくさん使ってもらいたいのです。同時にその気持ちの余裕から広いマインドを持つことによって社会も経済もウィンウィンのサイクルに入れるのではないか、という期待もあります。いまだ回復しない失われた〇年の殻を破って私も2018年はもう少し懐を緩めてみたいと思います。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHKが過労死を4年間封印した訳

    篠田博之

  2. 2

    小池氏の築地再開発は騙し討ちか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    壇蜜が明かすヌードのデメリット

    fujipon

  4. 4

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  5. 5

    大阪に工作員論で差別助長は当然

    小林よしのり

  6. 6

    女性議員の劣化 原因はマスコミ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  8. 8

    小平に「獣」発言は失礼だったか

    沢利之

  9. 9

    女性専用車で男が呆れた抗議行動

    猪野 亨

  10. 10

    SNSで身近に感じる「死の意識」

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。