記事

採算が取れない事業からは速やかに撤退するのがビジネスの常道だろう

ほう、これは当たったな、と思って毎朝眺めているコンビニがある。

生産緑地として長年形ばかりの農地として利用されてきた土地の一角にセブンイレブンが出店した。
ラジオ体操の後、10人ばかりで活血功をやっている場所からセブンイレブンの駐車場がよく見える。

右から左から、次々に車が入ってくる。
常に駐車場が満杯になっているわけではないが、平均して7割ぐらいは埋まっているようで、しかも回転が早い。

ここにコンビニが出来るといいな、と口に出した人がいたのかいないのか分からないが、これだけお客さんが多いというのは、口には出さないがそれだけそこにニーズがあったということだ。
顕在化していないニーズを顕在化させたのだから、このコンビニの開設を誘った人には先見の明があったということだ。

その一方で、そこから500メートルほど離れた場所にあったちょっと小綺麗なお菓子屋さんはいつの間にか閉店しており、しばらくは青果物のディスカウントショップに転換していたが、今度は仏具屋さんになっている。

駐車場もあり、表通りに面しているというのに、なんでこれほどの差が出来るのだろうか、と思っている。

しかし、鼻がいい人はその場所で事業が当たるかどうか見分けるのが上手なんだろうと思っている。

築地ではあたるが、豊洲では当たらない、ということがあるのかも知れない。
豊洲と築地で同じような施設を展開しても上手く行かないだろうということはそれなりに分かる。
豊洲は豊洲なりの施設を展開し、築地では築地なりの施設を展開すればいいんじゃなかろうか、と門外漢の私は思ってしまうが、さて事業者の方々はどう判断されるのだろうか。

まあ、学者の方々や役所の方々にはビジネスのセンスが足りない方が多いだろうから、くれぐれも官製ビジネスになりませんように、と願っているのだが、豊洲や築地の商業施設がどうなるかは今のところまったく分からない。

私が言えることは、採算性に乏しい事業はどんなに梃入れしてもお荷物になるだけだから、早目に撤退して、別の事業者に交代した方がいいですよ、ということだけだ。
いつまでも宙ぶらりんはよくない。

決めるべき時は、さっさと決めた方が煩いごとがなくなるだけいいはずである。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  3. 3

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  5. 5

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  7. 7

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  8. 8

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  9. 9

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  10. 10

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。