記事

不良生徒の胸ぐら掴んで叱った教師 全校生徒の前で謝罪する

1/2


【教育界での体罰の是非は?】

 2017年の角界を揺るがせた元横綱・日馬富士(33才)の暴行事件。10月25日の夜、巡業先の鳥取市内の飲食店で日馬富士がモンゴル人の後輩力士・貴ノ岩(27才)を殴打した。鳥取県警によると、同席した横綱・白鵬(32才)が話をしている最中、貴ノ岩がスマートフォンをいじったため日馬富士が激怒。平手やカラオケのリモコンで貴ノ岩の頭部を数十回殴打し、全治10日程度のけがを負わせたとされる。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)は事件の4日後、鳥取県警に被害届を提出。貴ノ岩は入院し、九州場所を初日から休場した。スポーツ紙の報道で事件が明るみに出ると、日馬富士は大バッシングに見舞われた。

「相撲界の暴力体質は変わっていない」
「上の立場の人間が暴力をふるうのは野蛮で低俗な行為」

 連日の猛批判を受けて、日馬富士は11月29日に相撲界を引退。同日の記者会見で暴行に至った経緯についてこう語った。

「先輩横綱として、弟弟子が礼儀と礼節がなってないときに、それを正して直して教えてあげることは、先輩としての義務だと思っています。ぼくが叱ったことで、彼が礼儀と礼節をちゃんとしていける、考えながらがんばっていけると思って(やったが)、行きすぎたことになってしまいました」

 あくまで“愛の鉄拳”であったことを強調した。

あわせて読みたい

「体罰問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  7. 7

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  8. 8

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。