記事

東芝元社長、西田厚聰氏の死にサラリーマン社会の終焉を見る

1/2


【10月にロングインタビューを受けた西田氏】

 かつてスター経営者と称えられた男はやがて「戦犯」と謗られ、名誉を回復することなく世を去った。12月8日に急逝した東芝元社長、西田厚聰(あつとし)氏のラストインタビューを行なったジャーナリスト・児玉博氏は、彼の死にもう一つの「終焉」を見る。日本が築き上げてきたサラリーマン社会の、完全なる幕引きである。児玉氏が綴る。(文中敬称略)

 * * *
“痛ましい戦死”──西田の訃報に接し、脳裏に浮かんだのがこの言葉だった。と同時に11月15日に上梓した『テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅』のためのロングインタビューに応じてくれた時の光景が甦った。

 6月24日に生死の境を彷徨った9時間にも及んだ胆管癌の手術。そして、3か月以上にも及んだ入院生活。ロングインタビューを奇跡的に受けてくれた西田は、かつての浅黒くエネルギーが横溢する精悍な姿とはほど遠い、顔色といえば紙のように白く、15キロ近く痩せたその姿は、痛々しかった。

 それでもインタビューが始まるや、西田の歯切れの良さはかつてのそれを彷彿させた。「3時間程度ならば(インタビューを)受けますよ」とメールで言って来たように、少々疲れた風情は見せたものの西田の気力には目を見張るものがあった。

 その生い立ちからイラン人の糟糠の妻との出会い、学問を捨て実業の世界に飛び込み、そして名門東芝の社長に駆け上がるまで、西田は淀むことがなく、答えてくれた。今にして思えば西田との3時間余りの対話は、遺言状を聞き取る作業だったのかもしれない。ただしその遺言は“苦い”思いが残るそれではあったが……。

 西田は異端の経営者と呼ばれた。異端と評されるには十分なほど、彼の履歴書は規格外だった。

 東京大学大学院で西洋政治思想史を学んでいた西田はイランからの女性留学生に恋をし、成就させるために学問を捨てる。日本を捨て、イランに飛んだ西田は、当時、設立されたばかりの東芝の現地法人に現地採用の職員として働き始める。西田が東芝の正社員となるのは31歳の時。一般社員が22歳で入社することを考えれば、約10年遅れの新入社員だった。

 10年という周回遅れのランナー西田は、そこから自らの卓抜した能力と気力で前を行く者達を次々と追い越し、そして名門と言われて久しい東芝の社長という玉座に座る。まさに西田は“成り上がり”を体現してみせた、希有なサラリーマンなのである。昨今聞かれることがなくなった言葉だが、西田は“企業戦士”としてガムシャラに働き、その働きによって自己実現を図ろうとした。

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  5. 5

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  6. 6

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  7. 7

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  8. 8

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  9. 9

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  10. 10

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。