記事

トランプ大統領と「大国らしい振る舞い」

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを、撤回すべしとする決議案が国連で議論されています。間も無く国連総会で採決され、可決される見通しです。

この状況に対して、トランプ大統領はこの決議案に賛成した国に対して、援助を打ち切ること示唆する発言を行いました。残念な発言です。

米国は世界の超大国。もちろん米国としての国益の追及はあるのでしょうが、大国らしい振る舞いがあってしかるべき。

しかもこの問題は、極めて微妙なバランスの上に成り立っている中東の政治の安定性を大きく崩しかねない問題です。世界全体を見渡した「大国としての振る舞い」がより一層求められます。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  7. 7

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  10. 10

    倉持由香と学ぶ賢い貯金のやり方

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。