記事

「食のテーマパーク」のような小池都知事の思いつき発言は困る。 - 12月20日のツイート

今日開かれた都と市場業界団体の協議会で、豊洲市場の開場日が来年10月11日に決まった。次は築地市場跡地の再開発であるが、市場移転派と反対派の双方にいい顔をする「食のテーマパーク」のような小池都知事の思いつき発言は困る。利権の巣窟とならないためにも、万機公論に決すべし。

小池都知事、豊洲市場開場日決定の記者会見。都知事が、正面から堂々と安全宣言をすべきだ。そうしないと、業者も都民も安心しない。都の施設であり、農水大臣に投げてはならない。

小池都知事記者会見:環状2号線開通も遅れ、選手輸送計画、BRT計画、すべて遅延し、2020年五輪に赤信号。豊洲市場移転の遅れについて、前任知事たちに責任を転嫁するのではなく、自分の責任も痛感すべきである。

豊洲市場移転の遅れに伴う業者への補償金の支払い、総額どれくらいになるのか、情報公開してほしい。その他、遅延に伴ってかかる余分なコストも明らかにすべきだ。

小池都知事と共に盛り土問題を大騒ぎした連中が、今になって、また小池都知事と一緒になって、自分たちの責任を棚上げする防御線を張り始めている。醜い限りだ。

2014年12月9日の記者会見で、当時都知事の私は「これで十分安全であると、ですから市場を開設しますということを、責任持って申し上げたいと思います」と、自らの責任で安全宣言をした。都庁のホームページにも掲載されており、誰でも見れるのに、この安全宣言を知らない怠慢な記者が多数いたという。

豊洲市場移転、これで動き出すとはいえ、千客万来施設の見通しはまだ立っていない。築地の再開発についてまで「食のテーマパーク」にするなどと、軽はずみに独断専行で決めたからだ。市場業者は小池都知事に翻弄され、分断され、残るは徒労感のみ。環状2号線が間に合わなければ、五輪も混乱。

「次の都知事選はいつ?」、答えは「2020年夏五輪の真っ最中」だ。すると、皆「え、知らなかった」と絶句。辞めろと迫られたとき、私がせめて9月まで待ってくれと懇願したのは、それを避けるため。しかし、血に飢えたマスコミ・世間は一切無視。五輪中に都知事選など狂気の沙汰。どうするのか。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。