記事
  • S-MAX

全日本空輸、飛行機内向け公衆無線LANサービス「ANA Wi-Fi」の国内線を2018年4月1日から無料に!電源やUSB充電ポート、シートモニターも順次導入



機内Wi-Fi「ANA Wi-Fiサービス」が国内線で2018年4月より無料に!

全日本空輸(以下、ANA)は20日、同社が運行する飛行機内で無線LAN(Wi-Fi)が利用できる公衆無線LANサービス「ANA Wi-Fiサービス」においてこれまで有料だった国内線について2018年4月1日(日)より無料提供すると発表しています。

また無料で閲覧できるビデオやオーディオなどのコンテンツ「機内Wi-Fiエンターテイメント」を100コンテンツ以上に拡大し、さらにA321neo型機に続き、国内線の主力機であるB777・B787型機に順次シートモニターを装着するとしています。

ANA Wi-Fiサービスが無料で利用できるのは、B777・B787・B767・B737-800・A321型機のすべてのクラス。すでに無料提供している日本航空(以下、JAL)の「JAL SKY Wi-Fi」に対抗する施策だと見られます。

02

ANA Wi-Fiサービスは通信衛星を利用し、Panasonic Avionicsの航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」を介して提供されている公衆無線LANサービスです。

対象機材はB777などのすべてのクラスとなっていますが、利用できるのは上記のANA Wi-Fiサービスのロゴが機内入口に添付されている便が対象となっています。

なお、B737-500型機およびB737-700型機、A320型機、DHC8-Q400型機はANA Wi-Fiサービスの対象外機材となります。また国際線機材で運航される便についてもサービス対象外とのこと。

機内Wi-Fiエンターテイメントについては現在も無料で提供されていますが、2018年4月1日よりさらに無料で楽しめるコンテンツが増え、ビデオやオーディオコンテンツに加えて「ANA SKY LIVE TV」では国内線において唯一、最新ニュースやスポーツがライブで閲覧できるほか、「e-books」においては雑誌やコミックを楽しめるなどするとのこと。

また今後も順次、新規コンテンツを導入していく予定。その他、国内線の主力機であるB777・B787型機へのシートモニターやパソコン電源の装着を2019年度下期以降に順次展開していき、さらにB777・B787型機に加えてB767・B737型機においてはUSB充電ポートを順次導入していくとしています。

03

記事執筆:memn0ck

あわせて読みたい

「ANA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  4. 4

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。