記事

エルサレム首都移転撤回決議で孤立した米国とやればできる日本

きょう一番のニュースは、何といってもこれだ。

早朝のNHKニュースが流した。

国連安保理事会は、エルサレム首都移転撤回決議を問う投票を行い、ひとり米国が拒否権を発動し、他の14カ国は日本を含めすべて反対したと。

私はこのニュースを見て、あらためて、トランプ大統領のエルサレム首都移転宣言に対する国際社会の反対が強い事を思い知った。

これまでの国連決議の中でも、ひとり米国だけが拒否権を発動して孤立したケースはあっただろうが、最近では記憶にない。

それほど世界の反発は強いということだ。

私は、日本は、反対はしないまでも、ひょっとして棄権にまわり、最大の同盟国である米国を孤立させないように配慮するかもしれないと思っていた。

とくに安倍首相は、なりふりかまわずトランプ大統領の機嫌を取り続けて来た首相だ。

外務官僚が反対しても、棄権にまわれと命じるのではないかと思ったりした。

しかし、日本も反対した。

やればできるのだ。

それほどトランプの決断は間違っているということだ。

私はこの日本政府の反対投票を歓迎する。

私でも正しい事をすれば安倍外交を評価するのだ。

もっとも、もし棄権票を投じていたら、日本だけが反対しなかった国になってしまうところだった。

世界から対米従属ここに極まれりと非難され、間違いなくテロの標的にされるところだった。

結局は、日本の反対投票は、大きな間違いを犯さなかった、というだけのことである。

やはり、私の書くものは安倍外交の批判になって終わるということである(了)

あわせて読みたい

「エルサレム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。