記事

日本に踏み絵を迫ったエジプトのエルサレム首都撤回決議案

 ニューヨーク発時事が教えてくれた。

 国連安保理で16日、エルサレムの地位を一方的に変更する決定や行動は無効であるとして、エジプト作成の決議案が提出されたというのだ。

 しかも18日にも採決されるという。

 これは日本にとって衝撃的な動きだ。

 日本は12月いっぱいは安保理メンバーだ。

 この決議案に対する賛否を明らかにしなければいけない。

 米国が拒否権を発動することは明らかだ。

 しかし、米国以外の主要国はすべてトランプ大統領の決定に反対の立場を表明している。

 立場を明らかにしていないのは日本だけだ。

 どうしても日本の賛否に世界の注目が向かう。

 もし日本が米国に同調して賛成したら、対米従属の極みとして世界の笑いものになる。

 もし日本が反対したら、米国だけが反対することになり、米国は世界から孤立し、トランプ外交はますます追い込まれる。

 だから日本は棄権するのだろう。

 しかし、たとえ棄権しても、日本は世界から批判され、今度こそ日本はテロの標的になる。

 それにしても、日本は12月いっぱいまで国連安保理の議長国のはずだ。

 なぜみずからを苦しめることになるこのような決議案をエジプトが提出することを防ぎ止められなかったのだろう。

 こんな決議案が提出される前に、議長国として事前に関係国と協議して、うまく処理することは可能だったはずだ。

 日本は議長国としての権限すら、うまく使えなかったということだ。

 それとも提出を阻止しようとしたがうまく行かなかったとでもいうのだろうか・

 どっちにころんでも、安倍中東外交の無能さ、ここに極まれりである(了)

あわせて読みたい

「エルサレム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。