記事

日本国の内閣は、「デートレイプドラッグ」の具体的な範囲がわからない?!

1/2

この度、私、中谷一馬が提出した

【デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力被害に関する質問主意書】に対して、

政府より安倍晋三首相名で

【「デートレイプドラッグ」の具体的な範囲が明らかでない(わからない)】

という回答が、内閣の閣議決定を経て、答弁書として送付されて参りました。

◆デートレイプドラッグ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0

デートレイプドラッグ(英語: date rape drug)は、飲料に混入させ、服用した相手の意識や抵抗力を奪って性的暴行に及ぶ目的で使われる、睡眠薬や抗不安薬である。デート・レイプ・ドラッグ、デートレイプ・ドラッグとも表記され、また単にレイプ・ドラッグともよばれる。

睡眠導入剤フルニトラゼパムがよく用いられており、多くの国々が厳しい規制をかけている。向精神薬γ-ヒドロキシ酪酸(GHB)、解離性麻酔薬ケタミンなども使用される。意識を失わせる意味では、酒類の大量摂取も同じ役割を果たすことになりうる。睡眠薬を混入させた酒であればコップ1杯程度で記憶や意識がなくなるといわれる。

日本で犯行の際主に用いられるのは、代謝速度が速く証拠が残りにくい睡眠導入剤や短時間型の睡眠薬で、警察署に備えられている検査キットに反応しない種類のものだといわれる。即効性持続性の異なる複数の睡眠薬を絶妙に配合して使用した例も知られている。

短時間で人体から排出されるため、被害に遭った場合、ただちに医師が対応し、尿や血液を採取しておくことが重要である。カウンセリングや検体検査も可能なワンストップの性暴力被害者支援センターを備える医療機関に、阪南中央病院やストックホルム南総合病院などがある。

【↑以上、Wikipediaからの引用】

最近ではジャーナリストの伊藤詩織氏が、元TBS記者から性暴力被害に遭ったと 告発。同記者は、準強姦容疑で書類送検されたが、東京地検は二〇一六年七月、嫌疑不十分で不起訴処分とした事がニュースになっております。

伊藤詩織氏は同処分への不服を検察審査会に申し立てたものの、東京第六検察審査会は「不起訴 相当」とする議決を公表した。伊藤詩織氏は、こうした経緯を踏まえ、日本の司法、社会システムは性犯罪 被害者のために、ちゃんと機能していないと指摘したとされます。また二〇一七年十月十八日に出版された伊 藤詩織氏の著書「BlackBox」(文藝春秋)では、性犯罪被害者に〝冷たい〞社会といった切り口 で、日本の現状をノンフィクションとして描いており、私はこの問題は社会全体で考えるべき重要な課題だと考えております。こうした疑惑を念頭に今回、以下の質問を政府に対しておこないました。

質問内容は、以下の通りです。

---下記、【デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力被害に関する質問主意書】本文↓↓

平成二十九年十二月六日提出 

質問第一〇五号

デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力被害に関する質問主意書

提出者 中谷一馬

http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/195105.htm


◆デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力被害に関する質問主意書 

昨今、デートレイプドラッグと呼ばれる睡眠薬や抗不安薬等による性犯罪・性暴力の被害だと見受けられる事案が多く散見される。そしてその被害届も多く提出をされているのではないかと推察をする。その中で 先般、ジャーナリストの伊藤詩織氏が自身の性暴力被害を訴え、元TBS記者からレイプの被害に遭ったと 告発した。同記者は、準強姦容疑で書類送検されたが、東京地検は二〇一六年七月、嫌疑不十分で不起訴処 分とした。伊藤詩織氏は同処分への不服を検察審査会に申し立てたものの、東京第六検察審査会は「不起訴 相当」とする議決を公表した。伊藤詩織氏は、こうした経緯を踏まえ、日本の司法、社会システムは性犯罪 被害者のために、ちゃんと機能していないと指摘したとされる。また二〇一七年十月十八日に出版された伊 藤詩織氏の著書「BlackBox」(文藝春秋)では、性犯罪被害者に〝冷たい〞社会といった切り口 で、日本の現状をノンフィクションとして描いており、この問題は社会全体で考えるべき重要な課題だと考える。

そこで、以下質問する。 

一 デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力の被害届は全国で年間何件提出をされているのか。また、その中で逮捕、起訴をされている事案はそれぞれ何件あるのか、伺いたい。 

二 デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力の被害届が出されたにもかかわらず、逮捕、起訴に至らない事案の特徴や事由は何か、伺いたい。 

三 デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力の捜査については、薬物が体内から短期間で排出される場合もあるなど証拠の保全の困難性等、捜査の難しさも指摘されるが、政府はどのように認識しているか。 また、捜査方法を改善できる余地があると考えているか、伺いたい。 

四 デートレイプドラッグによる性犯罪・性暴力について、今後の未然防止策をどのように考えているのか。また、被害者を支援するための取組をどのように考えているのか具体的な方針を伺いたい。 

右質問する。


※質問全文URL↓

http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a195105.pdf/$File/a195105.pdf

あわせて読みたい

「性的暴行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

  6. 6

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  7. 7

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  8. 8

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  9. 9

    インサイダー取引は100%バレる

    PRESIDENT Online

  10. 10

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。