記事

【セブンイレブン】、宅配&ピックアップサービス!コンビニの利便性向上でお客を奪う?

171217セブンイレブンナウ・アプリ

■セブンイレブンは13日、同社のアプリ経由で宅配や店でのピックアップができるサービスを始めることを発表した。無料アプリ「セブンイレブンナウ(7-ElevenNow)」を使ったテストはテキサス州ダラス地区にある10店舗のセブンイレブンで行う。使い方はアプリを起動後に「配達(Delivery)」「ピックアップ(Pick Up)」を選択し、最寄りのセブンイレブンの場所を確認後にスナックや飲み物などの商品を購入していく。購入額に応じてポイントがたまる「セブンリワード(7Rewards)」にも対応している。

セブンリワードではコーラなどソフト飲料6カップで1カップが無料になるなどポイントシステムを採用している。一部の商品にはボーナスポイントもある。現在はダラスの17店舗が対応しているという。セブンイレブンナウで配達を選択した場合、商品は買い物・宅配代行サービス「ポストメイツ(Postmates)」などの宅配業者に渡されて利用者宅まで届けられるという仕組みだ。セブンイレブンナウは2018年、他のセブンイレブンでも展開する。

 セブンイレブンはまた、顧客がいつでも質問ができるようフェイスブックのメッセンジャー上でチャットボットサービスを開始している。このボットはセブンリワードのサインアップや最寄りの店舗情報、ディスカウント情報などを提供する。セブンイレブンは先月初め、アマゾンと提携し銀行口座やクレジットカードを持っていなくてもネットを利用できるサービス「アマゾンキャッシュ(AmazonCash)」を始めている。利用者はアマゾンの自分のアカウントから専用のバーコードを印刷する。

もしくはスマートフォンにあるアマゾン・アプリに表示させるか、アイフォンではバーコード表示後にウォレットに取り込むこともできる。このバーコードをレジのスキャンで読み込ませて入金する。入金後はアマゾンのオンライン・アカウントにすぐに反映され、利用可能となる。すでにアマゾンキャッシュはドラッグストアチェーンのCVS、オハイオ州をベースにガソリンスタンド併設型(GS)コンビニを展開するスピードウェイ(Speedway)、中西部など11州で約400店を展開するGSコンビニのカム&ゴー(Kum & Go)、東部地区のGSコンビニのシーツ(Sheetz)などで利用可能だ。

トップ画像:「セブンイレブンナウ(7-ElevenNow)」アプリ。使い方はアプリを起動後に「配達(Delivery)」「ピックアップ(Pick Up)」を選択し、最寄りのセブンイレブンの場所を確認後にスナックや飲み物などの商品を購入していく。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。コンサルティングセミナーで夕食に出前を利用することがあります。先日のニューヨークでもアプリ経由でドアダッシュ(DoorDash)を使い、寿司ブリトーをホテルにデリバリーさせました。ホテルの会議室に届けさせれば、夕食に出かけたりホテルに食事を手配させる必要なく、会議室でコンサルティングセミナーを続けられるのです。アプリ注文の実習にもなります。一般的にホテル・サービスは高額です。

ニューヨーク・マンハッタンのホテルともなれば、さらに高くなります。ホテルのレストランで朝食をすれば一人20ドル以上はかかります。例えばコンサルティング前に会議室で朝食をケータリング注文れば、もっとかかるでしょう。それをドアダッシュ等のアプリを使って出前させれば極めて安くすみます。コーヒーもアプリ出前で、ホテルに頼むよりも安価です。ホテル側にとっては大打撃です。さすがにホテルに失礼なので、後藤は会議室への出前はしませんが(実習でやるかも)。

⇒出前アプリを使うことで、時間を有効に使えるのです。コンサルティングセミナーは日程がしっかり決まっています。時間との勝負になることもあります。アポから次の予定まで昼食の時間がとれない場合、途中にあるレストランにモバイル・オーダーをしておいてピックアップし、移動中の車内で食事というのもあります。時間を節約するという意味でも、オフィスなど仕事場に出前をする機会は増えます。それまでサンドウィッチなどランチを自分で用意してきた人も出前で済ませる機会が増えてきます。

オフィスの近くにセブンイレブンがあれば、セブンイレブンナウで注文しホットドック等で済ませる可能性もあります。忙しくオフィスのデスクから離れられない人は、お金を節約というより時間を節約する意味でコンビニにデリバリーしてもらうのです。こうなってくると例えばサンドウィッチなど食材をスーパーで調達する必要がなくなってきます。近くのレストランに行くお金がコンビニに行くことにもなります。

 アプリの使い勝手が向上し利用者も増えると、目の前のお客が遠くの店に奪われるということもありえるのです。

あわせて読みたい

「セブンイレブン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  6. 6

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  7. 7

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  8. 8

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  9. 9

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

  10. 10

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。