記事

脱走、虐待、妻との出会い、ジェンキンスさん77年の生涯 欧米メディアに語った北朝鮮

Joi Ito / flickr

 北朝鮮による拉致被害者、曽我ひとみさんの夫、チャールズ・ジェンキンス氏が11日に亡くなった。在韓米軍の兵士だった1965年に北朝鮮に脱走し、独裁国家の市民として過ごした壮絶な人生と内側から見た北朝鮮を、生前欧米メディアに語っていた。

◆酔っ払って脱走。人生は大きく狂った

 ジェンキンス氏はノースカロライナ州の貧しい地区出身で、高校をドロップアウトし、陸軍に入隊した。1964年に陸軍軍曹として韓国配属となるが、自分の率いる部隊が行う国境警備の危険度が増していたこと、そして今後ベトナムに送られ死んでしまうのではないかという不安があったことから、脱走しようと考え始める。ついに1965年のある夜、ビールを10本飲んだ後、部隊を率いてパトロールに出た同氏は、部下を置き去りにして38度線を越え、北朝鮮に渡った。2005年の米CBS「60 minutes」の取材に対し、「最悪の間違いだった」と述べている(CBS)。

 北朝鮮側に投降した同氏は、他の脱走アメリカ兵たちとともに生活し、建国の父金日成の思想と朝鮮語を学び、プロパガンダ映画に出演し、北朝鮮スパイや軍人に英語を教えた(米公共ラジオ網NPR)。最初は北朝鮮のロシア大使館に亡命を求め、捕虜交換でアメリカに戻ることができると考えていたという。しかし、1966年に平壌のロシア大使館に拒絶され、死ぬまで北朝鮮から出ることはできないだろうと、この時初めて気づいたと語っている(ロサンゼルス・タイムズ紙、以下LAT)。

◆過酷な環境。結婚が希望をもたらした

「北朝鮮に対する気持ち、自分が受けた嫌がらせ、厳しい生活は、言葉では言い表せない」というジェンキンス氏だが、その想像を絶する経験の一部をCBSに語っている。指導者に従わなかったことで、食いしばった歯で下唇が割けるほどの暴行を受けた。腕に入れた「US Army」の入れ墨が見つかったときには、無理やり病院に連れて行かれ、麻酔もなしにハサミで入れ墨を切り取られたという。1972年には市民権を与えられ、他のアメリカ人と別々の家に住むようになったが、暖房はなく、トイレのパイプからはネズミが出入りしていた。医療システムも劣悪で、過去に受けた手術の合併症で、日本に移住後治療を受けていなければ、死んでいただろうとLATに話している。

 つらい生活に光をもたらしたのは、1980年に出会った曽我ひとみさんとの結婚だ。仕組まれた出会いではあったが、お互い囚われの身という共通点もあり、真の夫婦関係を築けたとジェンキンス氏は語っている。その後2人の娘に恵まれ、家族寄り添って暮らしていたが、2002年に関係改善のため金正日主席が日本政府に対し拉致を認め、ひとみさんが帰国する。2004年にはジェンキンス氏と娘たちも日本に向かい、ひとみさんの故郷佐渡で暮らすことになった。ジェンキンス氏は、脱走の罪で米軍の軍法会議にかけられ、軍の刑務所で25日間服役し、退役している(LAT)。

◆独裁国家で40年。自分の経験から見た北朝鮮とは

 40年を北朝鮮で過ごしたジェンキンス氏は、コンピューターに触れたこともなく、ましてやインターネットも使ったことはなかったという。米軍に多くの女性がいたこと、黒人警官がいたこと、そしてどこでもタバコが吸えなくなってしまったことに驚いていたらしい(CBS)。

 その一方で、生前のジェンキンス氏は、内側から北朝鮮を見てきた数少ない人物としての意見を欧米メディアに語っていた。2006年のインデペンデント紙のインタビューでは、「自分の家の近くの山にロシアがミサイルを置いていた……誰もその話はしないが、ミサイルが狙うのは日本と韓国だ。ロシアが資本主義に転じたとき、科学者は皆逃げていった」と話し、もし北朝鮮が核兵器を持っていても「驚かない」と述べている。

 また、1990年代に約束した発電施設を北朝鮮に与えなかったことが、アメリカの最初の間違いだったとし、以来米朝関係が悪化したという見解も示している。北朝鮮は、古いロシア製発電施設の代わりとなるものを見つけるのに必死だったとし、アメリカが約束を破った結果苦しんでいるのは、北朝鮮の国民だと断じた(インデペンデント紙)。

 LATによれば、ジェンキンス氏は韓国やCNNのニュースを見て、北朝鮮情勢をチェックしていたという。金正恩が金正日の後継者になったことには驚かず、彼がより残忍だったことにも、その核兵器開発の意志がさらに固く見えることにも驚かないと話したという。北朝鮮問題の唯一の解決策は政府を丸ごと潰すことだとし、金正恩氏を排除しても、ただ次の人物がその地位を引き継ぐだけだとし、それが北朝鮮のやり方だと述べていた。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  6. 6

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  7. 7

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  8. 8

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  9. 9

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  10. 10

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。