記事

映画「否定と肯定」(原題 denial)を見て感想をつれづれに(1)

1/2
※ネタバレがありますので、ご注意ください!

歴史修正主義者というのはやり口が世界共通なのですね。言い草がネトウヨと全く一緒で「ホロコースト」を「慰安婦」あるいは「南京大虐殺」「沖縄集団強制死」にそのまま置き換えることができます。上映中、ホロコースト否定論者のアーヴィングの顔を何度安倍首相や小林よしのり等に変換して見たことか

ある日、主人公の歴史学者デボラ・リップシュタットの講義に乗り込んできたホロコースト否定論者のデヴィッド・アーヴィングは、リップシュタットを遮って自説の演説を始めだし、ユダヤ人を殺せというヒトラーの命令書はない、だからヒトラーはホロコーストを命じていないと言い放ち、証拠となる文書を見つけた者には1000ドル出す、と聴衆を煽ります。
これはまさに「慰安婦を強制連行しろと言った文書はない」と一緒です

そして講義を盗み撮りしてたアーヴィングは自分のHPにリップシュタットが彼の反撃にまともに答えなかった動画をあげて「victory!」と勝利宣言していました。
これも「はい論破!」のネトウヨと全く一緒です。
これをPCで見た時のリップシュタットのムカつきは私には嫌という程わかりました(笑)

めっちゃ既視感でしょ?

アーヴィングは、リップシュタットは著作の中で自分の名誉を毀損したとしてイギリスで提訴します。アメリカではなくイギリスで提訴したのは、イギリスでは名誉毀損罪の場合、立証責任は被告にあるから、自分に有利だと考えたのでしょう。

リップシュタットがアーヴィングの標的になったのは、ユダヤ人の女性だったからです。
レイシズムとミソジニー。これも同じです。
ネトウヨが慰安婦問題をことのほか激しく攻撃するのは、相手が韓国人の女性だからで、レイシズムとミソジニーそのまんまです。

弁護団は、法廷ではリップシュタットやホロコーストサバイバーは証言させない、という弁護方針をとります。
ホロコーストは存在したことを法廷で述べたいリップシュタットや傍聴に来ていたホロコーストサバイバーは、その方針に納得がいかず、何度も弁護団と衝突しました。

しかし弁護団は、もしホロコーストサバイバーが証言台に立てば、ガス室への入口は左だったか右だったか、といった重箱の隅つつきな質問をし、記憶が曖昧だったり間違ってたりすれば揚げ足を取り、サバイバー達は嘘つきだと言う絶好の場を与えることになる、として弁護方針を変えることを認めません。

これも既視感ありまくりです。
ネトウヨ達は血眼になって慰安婦だった女性達の証言の細かい食い違いをあげつらって、「ほら見ろ、あいつは嘘をついている」と否定してきます。年月日や場所、それからどういうふうに連れていかれたか等々。
人間は一生PTSDになるような酷い体験については記憶が曖昧になるものですし、既に70年の月日が立っていますから、全ての記憶が寸分の狂いもない方がかえって不自然なくらいなのに。

そして弁護団はこうも言います。
アーヴィングのような人間はサバイバー達に欠片も敬意を抱かず、その刺青(収容所で刺青を入れられた)は本当に収容所で入れられたものかどうかわからない、それで一体いくら稼いだのか?とサバイバーを侮辱するに決まっている。サバイバー達をこの激しいセカンドレイプに晒してはいけない、と。
これもまたまた既視感です。
ネトウヨ達は慰安婦だった女性達に何度、「売春婦」「金目当ての嘘つき」「いくらせしめれば気が済むんだ」という罵倒を浴びせてきたか。

そして、サバイバーをアーヴィングの侮辱から守るだけにとどまらず、サバイバーとリップシュタットという「真実」を、決してアーヴィングと同じ土俵に乗せてはいけない、と。
この方針にやがてリップシュタットも納得していきます。

検証のため弁護士とリップシュタットでアウシュビッツを訪れたとき、リップシュタットは、大虐殺の現場では死者達に敬意を払うよう弁護士に怒りをぶつけます。しかし弁護士は、勝つための証拠をここに探しに来たのであって巡礼に来たのではない、といいます。その夜、弁護士はリップシュタットにアウシュビッツの感想を聞かれ、こう答えました。
「もしもあのとき私があの場にいて命令されていたら、従わざるを得なかったと思う」
レイシズムやヘイトが大きなうねりとなってからでは、もう抵抗できなくなる。だからまだ小さな芽のうちに摘まねばなりません。そのためにヘイトスピーチは野放しにしてはいけないのだと再確認させられるシーンでした。

弁護団の『何がおきたのか、ホロコーストはあったのかを立証するのではなく、アーヴィングの主張が誤りであることを立証する』という手法は、並大抵の労力ではなかったようです。
というのも、アーヴィングの主張が根拠のない嘘であることを証明するには、彼の著書に書かれている脚注をさかのぼり、情報源を突き止め、それを吟味しなければならないのですが、脚注には出典元が全然丁寧に書かれていなかったので、探すのに苦労したそうです

それでも
『膨大な資料からアーヴィングの著書の脚注をさかのぼり情報源を突き止めた結果、証拠であるとされたものは全てゆがめられていたことがわかった。一部だけを切り取った部分的な事実だったり、日付は書き換えられ、順番は並べ替えられ、議事録には出席していない人が付け加えられていた。つまり否定論を証明する証拠など存在しなかった』

やがて法廷で弁護団は、「アーヴィングはガス室を殺人部屋でなく死体を消毒する部屋だと言っていたが、何故これから焼却する死体を消毒する必要があるのか、死体焼却のためなら何故扉に除き窓がついていたのか」とアーヴィングを問い詰め、アーヴィングから「私はヒトラー専門家であってホロコースト専門家ではない」という言質をとります。
弁護団はすかさず「ホロコースト専門家ではないのなら、ホロコーストについて知ったかするのはやめるべきだ」とたたみかけました。
そして、ついに一度もリップシュタットとサバイバーを証言させることなく、勝利をつかむことができたのです。

「歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない」ことの大事さを感じることができました。
もしもアーヴィングの挑発に乗って「何が起きたか」をリップシュタットやホロコーストサバイバーが法廷で語っていたら、勝利できなかったかもしれません。

あわせて読みたい

「ホロコースト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    笑うしかない安倍首相の五輪出席

    天木直人

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  4. 4

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  5. 5

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 恫喝訴訟と指摘され反論

    橋下徹

  7. 7

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  8. 8

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  9. 9

    iPhoneが暴走するバグが見つかる

    S-MAX

  10. 10

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。