記事

シリア難民中継国ギリシャの苦悩

1/2


TOP画像:通貨危機後、首都アテネの中心部でさえシャッターが閉まり、閑散とした街並みに。
©久保田弘信

久保田弘信(フォトジャーナリスト)

【まとめ】

・ギリシャは2010年の通貨危機以来、経済状況は悪化、若者の失業率がほぼ約50%に。

・多くのシリア難民がギリシャに留まっているが今のところテロなどは起きていない。

・難民をサポートするギリシャ人のホスピタリティが報われる日を願う。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=37364で記事をお読みください。】

■通貨危機から脱しきれないギリシャ

ギリシャというと多くの日本人が想像するのは、古代遺跡パルテノン神殿やアクロポリス遺跡群ではないだろうか。そして次に思い浮かぶのが、2010年の通貨危機だろう。ギリシャの通過危機はヨーロッパ全体だけでなく、遠くアジアの国々、日本にも影響を及ぼした。2度に渡ってEUとIMF(国際通過基金)から総額2400億ユーロの支援を受けたギシリャは、EUとIMFのオーダーにより、増税・年金改革・公務員改革・公共投資削減などの緊縮財政政策を行わざるを得ない状態に。また2015年には、25歳未満の若者の失業率が49.7%になり、ほぼ半数の若者が職につけなくなっている。

古代遺跡と通貨危機の国、そんなイメージが先行するギリシャに取材で訪れることになった。

2
写真:世界遺産としてしられるアクロポリス遺跡群
©久保田弘信

■落書きだらけの街、首都アテネ

ギリシャの首都、アテネの第一印象は“落書きだらけの街”だった。アテネはメトロ、トラム、バスが発達しており、料金は行き先ごとでなく時間単位で決まっている。24時間乗り放題のチケットが4.5ユーロ。日本円に換算すると600円弱。一駅乗っただけでも200円近くかかる日本と比較すると、かなりお得な価格設定になっている。

アテネの駅に改札はなく、買ったチケットを最初だけポストのような機械に入れ、使い始めの時間を印字する。その後は、何度乗ってもチケットを改札に入れることもなく、見せる必要もない。チケット無しで乗った場合、60倍の罰金があるそうだが、そんな取り締まりを見たことがない。まさに性善説で成り立っている国だ。

3
写真:大胆に落書きがされたメトロ車両
©久保田弘信

しかし、メトロやバスは落書きだらけ。メトロは港町ピレウスに向かう路線が、ほぼ全ての車両に落書きが施されている。その落書きがちょっとアーティスティックでカッコよく見えてしまうのが、良いのか悪いのか…。

2017年になっても通過危機の影響は残っており、アテネ中心部のオモニアスクエア、シンタグマスクエアというメトロの駅直結の一等地でさえ、一本裏路地を入るとシャッター街が広がり、閉店してしまった店のシャッターには至る所に落書きが施されている。通貨危機以前のギリシャを訪れたことがなく比較できないが、経済破綻の影響は拭いきれない。

4
写真:シャッター街が増えたアテネ中心部
©久保田弘信

いくつもの世界遺産が存在するアテネは、観光も大きな収入源だ。その観光客も減っているらしい。タクシードライバーと話したら、「日本人のお客さんを乗せるのは久しぶりですよ。3~4年前は、たくさんの日本人が来てくれていたけど、めっきり減ってしまいましたね」という。トルコや他のヨーロッパ諸国と違い、今のところ、テロの危険性は少ないギリシャ。それでも観光客が減ってしまったのは、経済破綻に対する悪いイメージからだろうか。

5
写真:歴史的な建物の周辺にまで落書きがされているのが現状。
©久保田弘信

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  7. 7

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    フェアプレー精神がない安倍政権

    階猛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。