記事

GIANT創業者・劉金標が日本政府から叙勲を受けたワケ - 野嶋 剛 (ジャーナリスト)

 受け取った叙勲の勲記を両手で高々と掲げた。相変わらず、ほとんど表情は崩さない。細い体に細い目。どうみても台湾によくいる小老闆(中小企業の社長さん)にしか見えないこの人が、創業から40年間を費やし、GIANTという台湾の町工場を、世界の自転車完成車メーカーのトップ、名前通りの自転車界の「巨人」に育て上げた劉金標元GIANT会長である。


日本政府から旭日中綬章を与えられた台湾自転車メーカー「GIANT」の創業者・劉金標氏

 その劉氏に対し、今年の秋の外国人叙勲で旭日中綬章が与えられた。11月23日、台北の駐台日本代表公邸で、沼田幹夫代表から勲記と勲章が伝達された。現在84歳になる劉氏は、かつての日本語教育のために流暢にしゃべれる日本語での挨拶で、感慨深げにこう語った。

 「GIANTは1972年に創業しました。当時、台湾の工業水準は低く、質の高い日本製品に追い付くため、日本の多くの企業から最先端の指導を受けました。それだけに今回の叙勲は嬉しいものです」

自転車文化の伝道師

 劉氏は、1934年台湾生まれ。貨物業やウナギ養殖など、いろいろな事業を手がけて何度も挫折を経験しながら、1972年に自転車部品会社を設立。会社を大きくしたいという思いから、「巨大」という名前をつけ、英語名も「GIANT」にしたが、最初は従業員数十人の町工場のスタートだった。

 世界的な自転車ブームに乗って生産を拡大する米国や日本のメーカーの部品や車体の受託生産(OEM)を行いながら何度か倒産の危機を乗り越え徐々に会社を大きくした。1990年代から自社ブランドの確立に傾注し、高付加価値の自転車を生産しながら、受託生産も続ける両にらみの戦略が当たり、近年、完成車メーカーでは世界一の生産高を守っている。

 同時に「自転車は文化だ」という信念のもと、「自転車新文化基金会」を設立して、2007年には73歳の高齢で自転車による1000キロの台湾一周を成し遂げ、台湾全体に自転車文化が広がるきっかけを作った。馬英九・国民党政権下では総統顧問も務めて「環島一号線」の整備に尽力した。

 2012年には、しまなみ海道サイクリングロードを走って愛媛県・広島県へGIANT方式によるサイクリング普及を伝授した。こうした動きは滋賀県の琵琶湖一周「ビワイチ」やその他の地方に飛び火し、各地からGIANT方式へのラブコールが相次いでいる。

 劉氏は自らを「自転車文化の伝道師」と位置付けているが、叙勲受章の理由も主に日本へのこうした「布教」が評価されたものだ。

自転車は単なる移動手段ではない

 劉氏を見ていて一番痛感するのが、日本では、自転車を単なる交通手段から「文化」にアップグレードする動きがまだまだ進んでいないことだ。

 劉氏は叙勲の際に「自転車文化」のコンセプトについて、こう語った。

 「自転車はスポーツでもあり、自転車に乗って郊外へ出かけ、人と交流をするレジャーにもなる。自転車と一緒のライフスタイルは、すでに時代の潮流となっています。台湾はこの点では日本より進んでいます。日本は自転車人口が多い割に、サイクリングイベントは相対的に少ないからです」



 こうした実情については、企業の責任もあると言わざるをえない。

 かつて世界に覇を競ったブリヂストンサイクルやパナソニックサイクルは、いまも電動車やママチャリなどの「自転車製造」だけに注力し、社会貢献活動はレースやイベントの後援をするぐらいで、広い意味での自転車普及に対しては、目立った努力の形跡が見当たらない。

 もう一つは、マニア的な高級志向に走ってしまう日本のサイクリスト文化にも問題がある。ざっくり言わせてもらうと、自転車に乗るハードルを高く設定してしまい、上級者か素人かの二分法になってしまっている。本来は、中級者や初級者の大きな層があって、その上に上級者がいればいいだけなのだが、日本ではどうも永遠に初・中級者でいることを許さないカルチャーがあり、各地の自転車販売店に出かけていっても高級品志向の敷居の高さに素人が入りにくいという話は良く聞く。

 自転車は単なる移動手段ではなく、健康にもなり、気持ちも晴れて、地域を愛する気持ちも育つ。外の人にも走りにきてもらって、宿泊や観光で地域を活性化させる。エコで省エネにもつながる。自転車に乗ることは新しいライフスタイルを手にすること。そんな劉氏が提唱してきた考え方は日本に縁遠いものだった。

道路も「シェアリング」の時代に


『銀輪の巨人 GIANT』
野嶋剛 著(東洋経済新報社)瞬く間に世界最強にのぼりつめたとてつもない自転車メーカー「台湾巨大機械」とは何者なのか!?ニッポン自転車産業の強烈な空洞化はなぜ起きたのか?同じ危機にあった台湾はなぜ奇跡的な成長を手にしたのか?はじめて解き明かされる自転車インダストリーの現代史。

 もともと『銀輪の巨人 GIANT』を2012年に執筆した私が、劉氏の主張を日本に伝えたいと思ったのは、次のような言葉を聞いたときだった。

 「基本的に道路はすべて自動車のものではありません。道路は人のものです。人は歩いたり、自転車に乗ったり、車に乗ったりして道路を使います。いまこの時代に、一つの道路を一つの乗り物が独占することはありえません。シェアリングが叫ばれていますが、道路もシェアリングの時代に入っているのです」

 日本の道路を自転車で走っていると、クラクションを鳴らされることが少なくない。こちらは特にはみ出ているわけでもなく、道路の左側を可能な限り左側に寄って、15~20km/hぐらいの速度でペダルをこいでいる。そこで大きな音で突然クラクションを鳴らされると、驚いてハンドルを持つ手がぶれて自転車が傾いてしまうことになる。それは明らかに走行妨害行為であり、人命の危険を伴うものであるが、残念ながら横行している。そうしたことも、自転車文化の広がりによって解決される問題かもしれない。

目標を大きく持てば視野が広がる

 これまで、GIANTは公共サイクルシェアシステム「YouBike」やサイクリング交流、台湾一周「環島」の普及など、一つの企業からすれば、どのような利益を出せるか短期的にはわからない分野に取り組んできた。

 しかし、これらをすべてひっくるめた「自転車新文化」の推進が、台湾の、ひいては世界の自転車ユーザーへのプラスとなることで、自転車ユーザーの数も増やし、長い目でみればGIANTという企業も発展につながっていく、という考えに基づいており、これを劉氏は「使命感と情熱」だと語る。

 「使命感がなければ、何をするにしても、目標が小さくなります。目標を大きく持てば視野が広がります。多くの人たちに幸福になってもらうことが企業の幸福にもつながる、そんな考えで、自転車新文化を推進してきました」



 伝説的な経営者人生を送った劉氏も高齢となり、長年パートナーとして会社を育ててきた羅祥安CEOとともに昨年末で会社を退き、後進に道を譲った。劉氏は現在、シェアサイクルを台湾各地などで展開する「YouBike」の運営に関わっており、日本に対して「自転車新文化」を輸出する役割は、まだ現役でロードバイクに乗っている羅氏が引き継ぎ、「自転車新文化」の受け入れに熱心な愛媛県や滋賀県などと協力しながらルートの整備などを進めている。劉氏の残したDNAはこれからも台湾から日本、世界へと伝わっていくにちがいない。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。