記事

相撲協会を拒否する貴乃花親方の真意とは

■貴乃花親方の奇妙な態度

忌まわしい暴行事件だった。

一般の事件であれば、警察が乗り出し、マスコミが被害者の状況を調べ、加害者の動機を暴き、識者が論じ、それを耳にする私たちは憤ったり嘆息したり、ときには溜飲を下げたりする。受け取り方はさまざまだろうが、多くの情報にとりあえずは納得させられるのである。ところが本件、「日馬富士による貴ノ岩暴行事件」はどうも見通しが悪い。報道は過熱するが、強烈な違和感が私にまとわりつく。

それは貴乃花親方の頑なな態度に起因している。「親方」。広辞苑によれば、「親と頼む人。親代りの人」である。貴乃花親方は傷害事件の被害者・貴ノ岩の「親」であり、理不尽な暴行に対する強硬な姿勢はわかる。「絶対にうやむやな決着にさせない」と眉に力を込めるのも無理はない。日本相撲協会という大きな組織を向こうにまわしての孤軍奮闘だ。八角理事長54歳、貴乃花親方45歳。若き親方の改革を支持し、応援する向きも多い。

しかしそれにしても、である。

相撲協会への協力を徹底して拒否、理事としての職務放棄、マスコミへの無言。これらがネガティブな影響を相撲界にもたらした。九州場所を全休したことによる貴ノ岩の初場所の番付降下、貴乃花親方の冬巡業不帯同によるファンの落胆。そして日馬富士の引退。これは自業自得ではあるものの、横綱の引退は大相撲の歴史のうえで特別に重い出来事だ。横綱は江戸の頃から現在までで72人しかいない。相撲ファンにとっては内閣総理大臣よりも横綱である。

その重みを知り尽くしているはずなのに、横綱引退の報を受けた貴乃花親方は「引退するほどのことではない」と発言している。この貴乃花親方の奇妙な態度は、どこからくるのか、ひもといていきたい。

半世紀近く大相撲を取材したジャーナリストの大見信昭はこう語る。

「貴乃花は現役時代から徹底した完璧主義者。力士かくあるべき、横綱かくあるべき、相撲界かくあるべき、という確固たる理想を持っている。その理想に反すると思うからか、今の相撲協会をまったく信用していない。理事長戦で八角親方に敗れたという表面上の確執だけでは片付けられない話です」

■「稽古もしないのによく本場所で勝てるなあ」

事は7年前にさかのぼる。

野球賭博に関与したとして、大関・琴光喜、大嶽親方(元関脇・貴闘力)が協会を解雇された事件だ。大嶽親方は貴乃花親方の兄弟子であり、貴乃花親方の横綱時代には土俵入りで太刀持ちをつとめた昵懇(じっこん)の間柄である。

このとき、貴乃花親方は相撲協会(武蔵川理事長・当時)の調査のずさんさを指摘し、理事辞職届を出してまで猛抗議している。しかし大嶽親方は解雇、退職金も支給されなかった(琴光喜には支給)。ちなみに、野球賭博の捜査段階で力士間の八百長メールが発覚し、相撲界を揺るがす事態に発展した。警察が動き、一般紙が公にしたからこそ問題が表面化したのである。今回の「即・被害届」の背後に、貴乃花親方の胸に7年前の痛切な経験があったとみられるのではないか。

加えて、貴ノ岩を除くモンゴル力士たちの土俵ぶりを、貴乃花親方は気に入らない。例えば白鵬が立ち合いで相手の顔を張ったり、肘打ちをかましたりすることは「横綱かくあるべし」に反するのだ。そしてスポーツ紙やテレビがあまり触れたがらない、“無気力相撲疑惑”がある。優勝の行方が見えてくる場所の終盤、どういうわけかモンゴル出身の横綱・大関の中で争いは起こらない。貴乃花はこの件に関して強い疑念を持っているようだ。

地方巡業の支度部屋出入り口に注意書きが張り出されていたことがある。

「稽古の時間、横綱・大関が稽古しているのにも関わらず、稽古の土俵に顔すら出さず、仕度部屋で寝ている関取衆がおりますが、“稽古もしないのによく本場所で勝てるなあ……”と貴乃花巡業部長が感心しています。名前は出しませんが気を付けましょう。巡業副部長」

巡業副部長の玉ノ井親方(元大関・栃東)の伝聞という形を取った苦言だが、なんとも痛烈な皮肉だ。稽古に励めと読むのが普通だが、現状の軋轢から振り返ると、いい加減な相撲を取る力士は許さないという警告にも取れる。貴乃花親方自身は、現役時代、常に気力を尽くして全力で土俵に上がっていた。その姿勢を後輩の力士にも求めたい。その理想追求が貴乃花の「原理主義」とも呼べる行動に繋がっている。

相撲ファンを裏切るような八百長、つまり勝ち負けをお金で買ったり、星の貸し借り(「この前勝たせてもらったから今度はわざと負けましょう」)をしたりというようなことは言語道断だが、無気力相撲の構図には同情せざるをえない背景も存在する。

大相撲は1場所15戦を行い、その勝ち負けで次の場所の番付が決まる。8勝以上すれば勝ち越し、8敗すれば負け越しだ。千秋楽で、7勝7敗で絶対に負けられない力士と1勝13敗でもう勝敗が大勢に影響のない力士が顔を合わせたとする。そのときに無気力相撲が起きやすいのは想像に難くない。

相撲ファンであれば「今の一番、ちょっとな」と首を傾げることも当然ある。しかし、貴乃花親方の求める「理想」についていけない部分があると感じるのも相撲ファンなのだ。力士の屈強な肉体と精神に感心しながらも、人間の弱さすらも受け入れたいのである。

■故・筑紫哲也キャスターとの対談で……

そんな貴乃花親方だって生身の人間だったという証拠もある。

1995年の11月。ガチガチに強かった横綱時代。九州場所は沸きに沸いた。若貴ブームで盛り上がっているところにきて、横綱・貴乃花と大関・若乃花が12勝3敗で並び、史上初の兄弟による優勝決定戦となったのだ。4連覇がかかっていた絶好調の貴乃花だったが、従来の迫力ある取り口は見られず、自ら右足を崩すような結末となった。NHKの視聴率は驚異の58%。それだけに、仲のよかった兄に優勝を譲ったとの憶測を生んだ。ちなみに、そのときの審判席には八角親方がいた。

世紀の一番を受け、月刊誌「相撲」は年末に「天下平らぐ」という貴乃花特集の別冊号を出している。目玉企画は故・筑紫哲也キャスターとの対談。記事中で筑紫キャスターが「やっぱり、やりにくかったでしょう?」と、その一番の心境を聞いている。すると貴乃花は「力、入らないです」と答えた。「無気力相撲」の告白だ。

実は当時、私は雑誌の編集部員としてその場にいて、貴乃花がそう答えるのを聞いている。貴乃花は相撲記者にはそっけない対応をするのに、筑紫キャスターの質問には素直に答えていた。柔らかい表情からは、決定戦までに相当な葛藤があったんだと読み取れた。他の楽しみを振り切って相撲だけに己のすべてをかける貴乃花に敬意を持っていたが、その率直な答えや表情を目の当たりにして、ますますファンになったのを覚えている。

だがその後、兄の若乃花は横綱に昇進し、いろいろあって兄弟の仲は断絶となる。筑紫氏が対談で引き出した大らかさは消え、より頑なになったようにも思えてしまうのだ。世紀の一番で生まれた心の緩みを猛省し、まわしを締め直そうと思ったのかもしれない。

大相撲とは矛盾に満ちた人間ドラマの集積なのである。だから面白い。誰かを悪者扱いにしない大らかな構え。それを相撲ファンはきっと受け入れるだろう。(文中敬称略)

----------

▼日馬富士暴行事件の経緯
10月25日夜~26日未明
鳥取で日馬富士が貴ノ岩に暴行。
29日
貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出。
11月2日
日本相撲協会が事件概要を知る。
3日
鏡山危機管理部長の事情聴取に、貴乃花親方、伊勢ケ浜親方は「よくわからない」と答える。
5~9日
貴ノ岩が福岡市内の病院に入院。「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いがあるとして全治2週間」と診断。
10日
貴ノ岩休場を発表。
12日
九州場所初日。
14日
日馬富士が暴行を認めて謝罪、休場。貴乃花親方が被害届を取り下げない意向を協会に示す。
17日
鳥取県警、日馬富士を任意聴取。
19日
危機管理委員会、日馬富士を初聴取。
21日
鳥取県警、事件現場同席の鶴竜と照ノ富士を聴取。
22日
八角理事長、二度目の貴乃花親方聴取。貴ノ岩に対する協会の聴取を「お断りします」と拒否。
26日
千秋楽。八角理事長が協会あいさつで一連の問題に関して異例の陳謝。
28日
八角理事長、力士を緊急招集して暴行問題について講話。その席上で「貴乃花親方が巡業部長なら、巡業には行きたくない」と白鵬が発言。鳥取県警、白鵬を事情聴取。
29日
日馬富士、現役引退。
30日
相撲協会理事会。3時間半にわたる緊迫した空気の中、12月3日からの冬巡業で貴乃花親方が帯同しないことが決まる(巡業部長代役は春日野親方)

----------

----------

須藤 靖貴
作家
1964年、東京都生まれ。「相撲」の編集部員などを経て、第5回小説新潮長篇新人賞を受賞。相撲小説の第一人者。著書に『おれ、力士になる』『消えた大関』『力士ふたたび』など。

----------

(作家 須藤 靖貴)

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  9. 9

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。