記事

米国のエルサレム首都認定、最大の罪=パレスチナ自治政府

[カイロ 13日 ロイター] - パレスチナ自治政府のアッバス議長は13日、エルサレムをイスラエルの首都と認めたトランプ米政権の決定は「最大の罪」であり、言語道断の国際法違反だと非難した。

議長は、この日トルコで開催されたイスラム協力機構(OIC)の緊急首脳会議で「エルサレムはいまも、そしてこれからも常に、パレスチナの首都だ」と主張。米国に対しては、エルサレムをまるで米国領であるかのようにイスラエルへ譲り渡したと批判し、「レッドライン(越えてはならない一線)を越えてしまった」と述べた。

さらに、米国はイスラエルに肩入れしているため、中東の和平プロセスに参加することは認められないと話した。

あわせて読みたい

「パレスチナ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  9. 9

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  10. 10

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。