記事

米国のエルサレム首都認定、最大の罪=パレスチナ自治政府

[カイロ 13日 ロイター] - パレスチナ自治政府のアッバス議長は13日、エルサレムをイスラエルの首都と認めたトランプ米政権の決定は「最大の罪」であり、言語道断の国際法違反だと非難した。

議長は、この日トルコで開催されたイスラム協力機構(OIC)の緊急首脳会議で「エルサレムはいまも、そしてこれからも常に、パレスチナの首都だ」と主張。米国に対しては、エルサレムをまるで米国領であるかのようにイスラエルへ譲り渡したと批判し、「レッドライン(越えてはならない一線)を越えてしまった」と述べた。

さらに、米国はイスラエルに肩入れしているため、中東の和平プロセスに参加することは認められないと話した。

あわせて読みたい

「パレスチナ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タンス貯金が税務署にばれるワケ

    MONEY VOICE

  2. 2

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    豊洲移転は逆風 卸業者が苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  6. 6

    村田諒太に涙「祝賀会場」で謝罪

    笹川陽平

  7. 7

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  8. 8

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  9. 9

    安田さん本人確認へ 15時以降に

    ロイター

  10. 10

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。