記事

中東の新たな火種

 クリスマスがもうすぐやって来るが、キリストの生誕を表現したジオラマ「プレゼーピオ」も街中にちらほら見かけるようになった。その地は聖書によれば、イスラエル・エルサレムの南10キロほどの田舎町ベツレヘムであったという。

 私も30年以上前に自民党青年局の海外研修で、エルサレムやベツレヘムを訪問したことがある。印象的だったのは東エルサレムの旧市街1キロ四方の中に、イスラム教預言者ムハンマドが昇天したとされる「岩のドーム」、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」、そしてキリストが処刑され十字架を背負って歩き始めた「聖墳墓教会」という3大宗教の重要施設が、ひしめき合っていたということだ。宗教的にも民族的にも、世界で最も複雑で微妙な場所だということが一目で理解できた。

 トランプ大統領は選挙中、エルサレムをイスラエルの首都と認め、大使館をテルアビブから移すことを公約としていたが、ここに来てその公約を果たす宣言をしてしまった。1993年当時のクリントン米大統領はイスラエルのラビン首相、パレスチナ暫定政府のアラファト議長を同じテーブルに付け、粘り強い交渉の末「オスロ合意」にたどり着いた。このような先人たちの努力を無にしかねない所作である。

 確かにアメリカが仲介する和平交渉が長引いていることは事実だが、少なくともエルサレムを当面首都としないことが大前提だったはずだ。にもかかわらずホワイトハウス内ではクシュナー上級顧問が主導権を握ろうとして、ティラーソン国務長官らとの争いが顕在化し、それが中東情勢のみならず、世界の安全保障秩序を乱しかねないことを、強く懸念する。

 ヨーロッパ諸国は同盟国イギリスを含めて、当然反対で歩調を合わせている。中東の反米勢力であるイランなどはもちろん反対だが、親米と言われるサウジアラビアやエジプトも反対を表明した。イスラム過激派ハマスや、せっかく鎮圧しかかったISが息を吹き返すのではないかと、懸念している。

 我が国はどうかというと、目の前に北朝鮮問題があるため、ややアメリカに遠慮している節がある。しかしそれとこれは別であって、もう少しはっきりNOと言わなければ駄目なのではないか?国際社会の包囲網を築く時ではないのか?

あわせて読みたい

「エルサレム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  9. 9

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  10. 10

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。