記事

2週間で12万アクセス、Twitterとリアルを連動!『GODZILLA 怪獣惑星』プロモーションの舞台裏に迫る

1/2

みなさんは大ヒット公開中のアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』をご覧いただいたでしょうか? 50年以上の歴史を誇る「ゴジラ」を初めてアニメ化することから注目を集めている同作品ですが、実はデジタルとリアル両軸で多角的におこなわれたプロモーション施策が非常に面白い取り組みでした。

今回は同プロモーション施策の中でも特に注目を集めたSNS連動企画「ゴジラvsバズラ」と屋外広告企画「アニゴジゲート」について、プロモーション企画を統括された久保田光治氏に取材してきました!

Interview:ソーシャルメディアラボ副編集長 小東真人

編集部注
12月12日:タイトルとアクセス数に関する記述を一部変更しました。

  1. ■目次
  2. プロフィール
  3. 取材の背景
  4. なぜデジタルとリアルなのか
  5. 2週間で12万アクセス!『ゴジラvsバズラ』
  6. 約100万人が接触!『新宿アニゴジゲート』
  7. 映画プロモーションにおいて大切なこと、必要な姿勢

1. プロフィール

久保田 光治
株式会社ムサシノ広告社/REGENTS マネージング・ディレクター

1983年生まれ、東京都出身。WEBマーケティング会社を経て、2012年にムサシノ広告社入社。映画配給/宣伝/プロモーションレーベル〈REGENTS〉を立ち上げ、多くのヒット作のプロモーションを手掛けている。2015年には『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』のプロモーション“シビュラシステムゾーン”でデジタルサイネージアワードを受賞。

<プロモーション担当実績>
映画『TOKYO TRIBE』、『劇場版PSYCHO-PASSサイコパス』、『攻殻機動隊 新劇場版』、映画『ピッチ・パーフェクト』、劇場アニメ3部作『亜人』、劇場アニメ3部作『傷物語』、『劇場版 弱虫ペダル』、映画『日本で一番悪い奴ら』、映画『PK ピーケイ』、映画『ドリーム』、他

2. 取材の背景

久保田氏が担当したのはゴジラ初のアニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』のプロモーション。この映画は、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなった2016年公開の映画『シン・ゴジラ』のネクストと位置づけられ2017年11月17日に全国公開いたしました。

日本が誇る歴史あるコンテンツ「ゴジラ」を初めてアニメ化した作品であるため、従来のゴジラファンに加えて、新たに若年層への認知と意欲上げるために、デジタルとリアル両軸で口コミを広げる斬新なプロモーションが実施されました。そのなかでも、今回ラボ編集部が特に注目したのが「アニゴジゲート」「ゴジラvsバズラ」です。

アニゴジゲートとは新宿駅にあるメイン階段の上に、地上約8mの巨大ゴジラを登場させたもの。階段を行き交う人々がまるでゴジラの口に吸い込まれるかのような造作となっており、ゴジラがほえる声、足音がそこを響き渡る音響設計や、夜間にはゴジラの目が光るライトアップも見受けられました。日本で最も通行量が多いと言われる新宿駅ど真ん中のこの場所に広告物が設置されたのは初の試みとの事。

一方、「ゴジラvsバズラ」とはリアルな場につくられたアニゴジゲートとは異なり、オンラインで行われたプロモーション企画。突如インターネット上に出現したゴジラを、日本中のバズ(Twitterによる拡散)の力で倒すという、SNS連動型企画が開催されました。バズラ企画に参加してくれた有名ライターさんたちの企画告知ツイートを見てみると、その数回の告知投稿だけで100万インプレッションを超えたそうです。

3. なぜデジタルとリアルなのか

小東:今回のプロモーションを手がけることになった率直な感想を教えてください。

久保田氏(以下、敬称略):日本を代表するコンテンツ「ゴジラ」の新作プロモーションを企画させて頂くことになり、最大限に嬉しかったですが最大限にプレッシャーでしたね。なので今まで見たこともない新しい企画で世の中をバズらせたいと、REGENTSチームメンバー一同意気込んで取り組みました。

小東:今回、デジタルとリアルの両軸でプロモーション施策に取り組まれていましたが、どういった意図があったのでしょうか?

久保田:50年以上歴史あるコンテンツがゆえ、コアファンの年齢層が高めだったことや、初のアニメ化ということもあり、若年層までファン層を広げるというミッションがあったので、前作『シン・ゴジラ』の鑑賞層や、スタッフ&キャスト陣のファン層などをプロモーションターゲットに据え、全く新しいプロモーションを企画しました。

小東:具体的に「全く新しい打ち出し方」とは? TwitterなどSNSの活用も、若年層を意識した新しい手法だったのでしょうか?

久保田:そうですね。今回のターゲットとTwitterとの親和性は非常に高いと考えていました。現に映画の公開前に地上波で放送された『シン・ゴジラ』も、とんでもない数の実況ツイートがありました。ゴジラを鉄道で攻撃する無人在来線爆弾のときなんかすごかったですね。関連するハッシュタグがたくさん付けられて盛り上がっていました。


これって、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」が放映されるときに「バルス!」というセリフに合わせて、Twitterが盛り上がることと似たものだと捉えています。

つまり、若い世代に対して高い拡散性のあるTwitterが「ゴジラ」というコンテンツをエンタメ化させてくれるポテンシャルを持つということ。また、Twitterを含めたオンラインの盛り上がりを最大化させ、ゴジラの新作というスケールの大きさも伝えたかった。だからリアルとオンラインを融合させることが必要と考えたのです。

小東:他にもSNOWとのコラボも行われていましたね。

▲顔認証画面で専用フィルターを選んで口を開けると、ゴジラの光線が出せる

久保田:SNOWはオフラインとオンラインをつなぐ架け橋の一種と考えていました。新宿アニゴジゲートがSNS映えするフォトジェニックスポットになっていたので、若い人がSNOWでゴジラになりきって、熱線をはいて盛り上がってくれてました。結果、スタンプ利用数が約100万人というSNOW内でも極めて高い数値だったそうです。

このほかにも、(上述)ゴジラvsバズラのような企画を通じて、オンライン・SNSを活用した若年層向けの企画を打ち出していきました。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  5. 5

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  6. 6

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  8. 8

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  9. 9

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。