記事

エルサレム問題2

エルサレムに関するトランプ宣言から4日がたちましたが、al jazeera net は4日目の犠牲者は、西岸とガザで231名の負傷者と報じています。
イスラエルのy net news も、同日の犠牲者は西岸で171名、ガザで60名としており、ほぼ同じ数字で、先ずはかなり正確なところかと思います。
また同日には新たな死者は出なかった模様です。

このような状況を踏まえて、イスラエル紙のネットは、イスラエル側の喜びの表現も、パレスチナ側の怒りの表現も、抑制されたものであったと形容していました。死者が出なかったことは評価できるとして、負傷者が230名以上で、果たして抑制されたものと言えるのか否か議論のあるところでしょう・・・。

他方、朝方お伝えしたアラブ連盟の外相会議については10日早朝、最終コミュニケが発出された(ということは文言の調整等で手間取っていたのでしょう)とのことですが、当然予測されたトランプ宣言に対する非難(無効である、国際法違反である、中東和平を疎外する等々)以外では、総ての国にエルサレムを首都とするパレスチナ国家の承認を要請し、また近々(1ヶ月以内)にアラブ首脳会議をヨルダンで開催することを検討するとなっている模様です。

要するに、誰も真面目に聞かないような(アラブがこのような形で非難するであろうことは、当然誰もが予想していたところで、それ以上でも、それ以下でもなかったから)口先の非難より以上にはアラブ首脳会議の開催検討ということくらいが、アラブ連盟のできたことなのでしょう。

朝方予告した通り、アラブ各国に対して、米国との関係を断絶するように勧告するなどという「過激な」文言は盛り込まれなかったようです。

その他では、先に報告した通り中東を歴訪するペンス副大統領との関係で、アッバス議長が予定していた会談を取りやめるほか、エジプトのコプト教の大司教も副大統領とは会わないとのことです。

http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/12/09/وزراء-الخارجية-العرب-يبحثون-وضع-القدس.html
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5054201,00.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/9/أكثر-من-مئتي-مصاب-بمواجهات-مستمرة-بالضفة-وغزة

ということで、アラブ各国が何もする能力が無いか、その意思がないことが明らかになり、パレスチナ民衆も現状では大騒擾を起こすまでに怒り狂っている訳でもないと観測できようにおもわれます。しかし、問題はこの後パレスチナ民衆がどこまで抑制できるか、更にはアラブ各国の民衆がいつまで彼らの政府の口先だけの非難で満足しているかでしょう。

もしそれで済めば、CNNなどがコメントしているように、トランプの賭けが勝ったということなのでしょうが、どうも今回の米政府のしたことは、中長期的に見れば、アラブ世界に大きな影響を残すことになりそうです。

何しろ、客観的に見れば、パレスチナ人はイスラエル政府に対して圧倒的に弱い立場にあるので、何らかの米政府の調停と介入、更にはイスラエル政府に対する圧力がない限り、初めから意味のある交渉などできないのが、冷厳な現実で、仮にパレスチナ暫定政府が声明通り、米国との接触を断ったりすれば、実質的に損をするのはパレスチナ側であることは目に見えており、イスラエルとしては和平が進まないことをいいことに、今後とも既成事実を積み重ねていくのでしょう。

そこでCNNなどのコメンテーターの中には、トランプはこれまでもイスラエルが喉から手が出るほど欲しがっていたエルサレムを与えたのだから、ネタニアフに対しては大きな貸しを作った形で、これまでの規制の外交観念とは全く次元の異なる取引をしようとしていて、ネタニアフも断りにくくなるだろうなどとする人もいるようです。

しかし、中東の市場やタクシーに乗る時の駆け引きでも、切り札は温存しておくのが、鉄則で、いったん相手が欲しいものを与えてしまったが最後、相手の譲歩を引き出すことは不可能になります。
更に言えば、そもそもトランプは中東和平など、自分の米国内での権力固めの材料ぐらいにしか。考えていないように思われます。
まあ、今後どうなりますか? 取りあえず。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  9. 9

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  10. 10

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。