記事

パウエル米大統領副補佐官、来年辞任へ 中東政策担当

[ワシントン 8日 ロイター] - 米ホワイトハウスは8日、中東政策を担当するパウエル大統領副補佐官(国家安全保障担当)が来年初めに辞任すると発表した。辞任後も中東外交に関わるという。

ホワイトハウスのサンダース報道官によると、パウエル氏は以前から1年間で副補佐官を辞め、ニューヨークの自宅に戻る計画を立てていた。

就任1周年を迎えるトランプ政権を巡っては、ティラーソン国務長官が辞任し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官が起用されるのではないかとの観測が浮上。コーン国家経済会議(NEC)委員長にも辞任観測が出ている。

トランプ大統領は、エルサレムをイスラエルの首都と認定すると発表。多くのアラブ諸国から反発を招いている。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  7. 7

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  10. 10

    倉持由香と学ぶ賢い貯金のやり方

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。