記事

元東芝社長・西田厚聰氏「死去2か月前の“遺言”」

1/2


【最後のインタビュー時は、顔色が悪かったという】

 かつて「平成のスター経営者」と謳われ、最近は「名門崩壊を導いた戦犯」と指弾されていた第15代東芝社長・西田厚聰氏(社長在任2005~2009年)が12月8日、急性心筋梗塞で亡くなった。享年73。約2か月前の10月5日、ジャーナリスト・児玉博氏は、西田氏の自宅で3時間半に及ぶインタビューを行い、その肉声をもとに企業崩壊ドキュメント『テヘランからきた男 西田厚聰と東芝崩壊』(小学館)を上梓した。西田氏の「遺言」とも言えるインタビューである。最後に西田氏が訴えたかったこととは何だったのか。児玉氏による緊急寄稿をお届けする。

 * * *
 にこやかな笑みをたたえてはいたが、紙のように白々とした顔色は、かつての西田のそれとはほど遠かった。
 
「まだ腰が痛いので……」

 こう断った西田は、やや身体を投げ出すようにリビングのソファに腰掛けた。西田は、つい先日まで、大井町にある東芝病院に3か月も入院していた。

 不正会計問題を端緒とした東芝経営問題の責任を問われ、2015年、追われるように会社を離れた西田氏は、その後、学生時代さながら書物に親しむ日々を過ごしていた。しかし異変が現れた。

「最初は、黄疸から始まりました。原因を調べると、胆管が詰まって、胆汁が胆管から十二指腸に届いていないことがわかりました」

 検査の末に、胆管癌を患っていることが判明した。今年6月、9時間にも及ぶ大手術に踏み切った。
 
「まず胆管を全部取り払ってしまう。次に、胆管は十二指腸につながっていますから、そこも悪さしてるかもしれない。だから十二指腸も全部取っちゃいましょう、となった。膵臓(すいぞう)も十二指腸とくっついています。だからこの膵臓の先っぽも、十二指腸とくっついている部分だけ切除したんです」

 西田によれば、このように十二指腸をすべて除去した上で、小腸と胃や膵臓、肝臓を結びつける手術を行ったという。直接の死因となった心筋梗塞とどのような関係を持つのかわからないが、かつての西田を知っていただけに、その衰えぶりは、痛々しいほどだった。

◆イラン人女性を追ってテヘランへ

 異色の経歴を歩んだ男だった。およそ半世紀前、東大大学院で西洋政治思想史を学んでいた西田は、国費留学生として東大にやってきていたイラン人と恋に落ちる。彼女を追う格好で、学問を捨ててテヘランに辿り着く。東芝の合弁会社に現地採用されると頭角を現し、その後、欧米でノートパソコンを売り歩くや、東芝再興をなし遂げた。

 社長に就任すると、「選択と集中」の実践者として、名を馳せた。西田体制下の4年間で、東芝セラミックス、東芝EMI、東芝不動産、銀座東芝ビルなどを次々と売却した。一方で、米原子力事業(WH)を買収し、半導体メモリ事業にも経営資源を惜しみなく注ぎ込んだ。

 10年後、前者の米原子力事業が東芝を奈落の底に導き、後者、半導体メモリ事業の売却がその窮地を救ったことを思えば、西田時代の影を現在の東芝にも見て取れるだろう。

 米原子力事業の失敗は、東日本大震災以降、世界的に原発需要が冷え込んだことに起因する。そのことについて西田に問うた。

──東日本大震災、そして福島第一原子力発電所の事故が起きなければ、東芝の原子力事業はどうなっていたと思いますか?

 西田の答えは意外とあっさりしていた。

「事故が起きなくても原子力事業は同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

──3.11後に、どんな打つ手があったのでしょう。

「予測できないのは誰だって予測できなかったわけだから。しかも3.11以前の段階で、世界の原子力事業の状況では、別にWH買収が間違っていたなんて僕は全然思ってないですよ。

 ただ問題は、3.11が起こったあと、状況は、ここで大きな変化があるわけだから、それに応じて、じゃあ世界の原子力事業はどうなっていくのかなと(予測しなければいけない)。

例えば中の構造改革をやるとか、人員削減もするとか。これが経営なんですよ。それをなにもしてこなかったっていうことでしょう、結局は」

 西田が問題視したのは、WHの経営をいつまで経っても、東芝がグリップできなかったことだった。終盤にさしかかった東芝会長時代、米国にあるWHの工場を視察に行った話を思い返した。

「米国出張の際に、WHの工場に寄ったことがあるんです。最後に会議があって、質問があったらどうぞと言われたので、質問はいっぱいあるよ、と僕は手を挙げました。まず、この場に工場長がいないのはなぜか、と。すると、今日はお休みですと言うんだね。

 そこで、どこへ行ってるんだ、この街にいるのかと聞いたら、この街にいると思います、と言う。よし、わかった。呼んでこいと。本社の会長が来てるっていうのにね、この街にいて休暇だなんてとんでもない話でしょう。そいつを呼び戻さなければ俺は会議をやらない、と言いました。

 それから30分ぐらい経って来たので、その工場長を入れて、僕が次々と質問していったら、工場長は何も答えられない。おまえは、本当に工場長かと僕は訊いたんだ。工場経営のイロハのイもわかってないじゃないかと。こんなことで工場長が務まるのかと。
 
 そしてダニー(ロデリック元WH会長)に、どうやってこの工場を毎月経営してるんだ、この工場との間でこれを目標にしてやれ、というような取り決めはあるのかと尋ねた。ダニーが、ありませんと言うから、おまえどうやって経営しているのかと厳しく言いました。工場経営が、めちゃめちゃだったんです」

 WHを非難する西田に、理想とする経営について訊いた。西田は、自らが社長時代に掲げた大きな目標である「生命・安全、コンプライアンス」について言及した。

「私が口を酸っぱくして言ったのは、コンプライアンスの基本というのは嘘をつかないことだということです。これが企業の原点であり、デモクラシーの原点でもあるんです。日本には嘘も方便なんて悪しき文化があるから、それを清算できずに嘘が満ち満ちている。それじゃダメなんだ。嘘をついていればコンプライアンスは崩れる。コンプライアンスが崩れた企業は崩壊すると何度となく訴え続けました」

 コンプライアンスが崩れた企業、つまり「嘘」をついた企業は崩壊すると西田は繰り返してきたという。そんな西田に、いや東芝に降って湧いたように起こったのが不正会計、つまり「嘘の会計報告」疑惑だった。

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  2. 2

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  3. 3

    田原氏 保守に生じたねじれ指摘

    田原総一朗

  4. 4

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  5. 5

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「おかあさんだから」に千秋共感

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  8. 8

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  9. 9

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  10. 10

    音喜多氏ブロガー議員批判に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。