記事

羽田空路見直しで不動産に異変 目覚まし時計レベルの騒音も

【麻布や白金など高級住宅街の上空も航路に】

 東京オリンピックが開かれる2020年ごろをめどに、羽田空港への飛行経路が変更されるという。新しい経路では新宿から渋谷、麻布、恵比寿、大井町の上空を羽田に着陸する航空機が通過することになる。その便数は1時間に30便。好天時の15時から19時だから、完全に日中の生活時間だ。

 この進入路の変更により、直下エリアの不動産価値にどのような影響が及ぶのだろうか? 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が解説する。

 * * *
 羽田空港の進入路見直しが提起されたのは数年前だ。私も何度かこの件に関して質問されたことがある。

「マンションの資産価値が下がりませんか?」

 私はいつも次のように答えていた。

「室内にいてうるさく感じるようなら影響しますが、そうでない場合はあまり関係がありません。特に今のマンションは二重サッシなど防音機能が優れているので、ほとんど関係ないのではないかと思います。また、実際にそうなってみないとどれくらいうるさいのか分かりませんから」

 最近、この件に関する質問が多くなってきたので、自分でも詳しく調べてみた。その結果、少しだけ見解を変更することにした。

 結論から言えば、資産価値にマイナスの影響を受けるマンションは一定数ありそうだ。また、戸建て住宅についてはそれなりの悪影響が出るだろう。

 私は航空機の進入路の直下に暮らしたことがある。その経験から、影響の有無を決める境目は60デシベルだと考えている。60デシベルというのは「一般的な会話」レベルだとされる。言い換えれば、近くで誰かが話しているレベルの騒音。会話をしていれば相手の話声などほぼ気にならないが、聞きたくもない声だとかなりうるさいはずだ。

「幹線道路の沿線の整備に関する法律(1970年)」による「沿道整備要件路指定要件」によると、その基準は「夜間騒音65デシベル超または昼間騒音70デシベル超」となっている。これは私から見ると、わりあい緩めの基準だと思う。

「羽田空港のこれから」というオフィシャルページでは、今回の進入路変更における環境への影響などについて図版を交えて様々に解説している。気になるのは、進入路を示した図版を拡大して見ることができないところだ。これは意図的と取られても仕方がない。

 ただ、騒音のレベルについては一応の記載はある。

 これをみると新宿付近は63~70デシベル。麻布・恵比寿・渋谷付近は68~74デシベル。大井埠頭・大井町付近は76~80デシベル、ということになっている。80デシベルというのは目覚まし時計レベルということになっている。目覚まし時計以外で、あのレベルの騒音を聞くのは相当に不快であろう。

 また70デシベルというのは、ほぼ会話が成立しない騒音だといえる。麻布・恵比寿・渋谷では、路上での会話が不可能になるということだろうか。

 かなり不安に思うことには、これは「羽田空港のこれから」というサイトが出している数字だということだ。加害の当事者となる側は、被害者側に与えるダメージはなるべく小さく見積もりたいものだろう。ましてや、このサイト自体は羽田空港を所管している国土交通省が管理している。

 一般に、音は遠くなれば小さくなる。空路から少しずれるだけでもかなり騒音は軽減されるはずだ。だから、60デシベル以上の騒音になるのは新宿を起点に大井町、羽田空港へ向かう直線の左右を扇型に広がっていくエリア。そのエリアにある住宅については、資産価値へのマイナス影響を排除できない。また、羽田空港に近づけば近づくほど騒音は大きくなる。

 兵庫県の伊丹空港は、飛行機が飛ぶ直下に戸建て住宅が密集していることで知られている。昭和40年代には、その騒音問題はいくつもの訴訟になっていた。そこから関西国際空港ができたことはよく知られている。

 今回の進入路変更で、住宅も人口も密集している大井町周辺の上空305メートルを航空機が飛ぶことになる。76~80デシベルというのは、普通に考えれば耐え難い騒音だ。それによって、不動産の価値に影響しないわけがない。

 このサイトには、丁寧な解説付きの「よくあるご質問」というコーナーがある。そこに、こういう一節がある。

Q5:不動産価値が下落するのではないですか。
(中略)
航空機の飛行経路と不動産価値の変動との間に直接的な因果関係を見出すことは難しいと考えています。

「いけしゃあしゃあ」とは、こういうことを言う。80デシベルもの騒音が毎日のように発生するエリアで、いったい誰が大金をはたいて住宅を買おうとするのだろう。まず、木造の一戸建てはその資産価値が著しく損なわれるはずだ。

 防音機能が整っていない築古のマンションも、売りにくくなる。つまりは資産価値が低下する。賃貸住宅も悪影響は避けられないだろう。少なくとも「同じ家賃を払うなら別のところに」という動きは出てくるはずだ。したがって今後、大井町から羽田にかけてのエリアでの不動産購入には注意が必要となる。

 新宿周辺は63~70デシベル。マンションやオフィスビルの中にいれば、ほとんど気にならないレベルだ。そうでなくても新宿駅周辺は常に70デシベル程度の騒音が発生していると考えていい。

 麻布・恵比寿・渋谷付近は68~74デシベルということだが、渋谷は新宿同様に元から騒音の大きなエリアだ。ただ、麻布や白金には静かな住宅地もある。そういったエリアで、進入路変更による騒音がどの程度発生するのかは予測しづらい。それこそ、実際にそうなってみなければ分からない。

 仮に元麻布あたりの静かな住宅街の屋外で、頭上を航空機が通過するごとに60デシベル以上の騒音が発生するようだと影響が出るだろう。富裕層の間で「麻布は飛行機がうるさいからやめておこう」という感覚が広がる可能性は十分にある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  3. 3

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    生保世帯へ冷房補助 条件に疑問

    メディアゴン

  7. 7

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  8. 8

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  9. 9

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  10. 10

    堀江氏 ユニクロとZOZOの間狙え

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。