記事

トランプ氏、中東和平仲介の意思なし 支持層のためにエルサレムを首都認定

1/2

Kyrylo Glivin / Shutterstock.com

 トランプ大統領は現地時間6日、エルサレムをイスラエルの首都と正式に認めた上で、米大使館をエルサレムに移転する方針を正式に表明した。エルサレムは、イスラム教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒がそれぞれ聖地と位置付けており、国際的にはイスラエルの首都とは認められていない。ロイターでは、首都認定を避けてきたアメリカの数十年に渡る方針を転換するものとしてこの動きを報道している。トランプ氏の支持基盤である保守系共和党員へのアピールとのことだが、中東での新たな火種となりかねず、国際社会からは非難が相次いでいる。

◆歴史的対立

 イスラエルのハアレツ紙では、今回のトランプ氏の意志表明を受け、エルサレムをめぐる歴史的紛争を振り返っている。キリスト教徒にとってエルサレムはキリストが死を遂げた場所であり、重要な聖地である。一方でイスラム教徒にしても、預言者モハメドの旅の目的地である「最も遠いモスク」の所在地として、エルサレムは聖地になっている。また、ユダヤ人もエルサレムの「神殿の丘」全域を聖地と捉えており、3つの宗教が同じ都市を重要視している状態だ。過去には中東戦争の原因ともなっている。イスラエルとパレスチナは25年以上に渡って交渉を続けているが、合意の目処は立っていない。

 ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)によると、イスラエル政府は1948年以来エルサレムに所在してきたものの、米国は国際社会の認識と足並みをそろえ、エルサレムをイスラエルの領土としては認めてこなかった。米大使館がエルサレムに移転すれば首都であると認めることになり、従来のアメリカ政府の立場とは一転する形になる。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  7. 7

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  10. 10

    倉持由香と学ぶ賢い貯金のやり方

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。