記事

白鵬の「モンゴル一門」実現のために貴乃花が消される?


白鵬の夢は「モンゴル一門の立ち上げ」

 モンゴル人力士が集まった酒の席で元横綱・日馬富士(33才)が貴ノ岩(27才)を暴行した問題は、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)とモンゴル人力士の頂点に立つ横綱白鵬(33才)との対立に発展してきた。

 部屋の垣根を超えて力士同士が仲よくすることは馴れ合いになり、八百長につながりかねないと考える貴乃花親方は、貴ノ岩が「モンゴル互助会」に参加することを禁じていた。「モンゴル互助会」とは、モンゴル出身力士による親睦会の名称で、15年ほど前に旭鷲山の呼びかけで結成されたとされる。「モンゴル力士会」と呼ばれることもある。

 番付に応じて会費を集め、病気になった力士の見舞金や冠婚葬祭の費用などに充てる生活互助会である一方、部屋の垣根を超えて酒を酌み交わすこともある。そんなこともあり、「モンゴル互助会」に参加しない貴ノ岩と参加を禁じる貴乃花親方に、白鵬や日馬富士が反感を買っていた可能性も少なくない。実際に白鵬は福岡市内で開かれた八角理事長による暴行問題に関する講話の席で「貴乃花巡業部長のもとで冬巡業には参加できない」と発言した。

◆白鵬のために夫人は自宅でも着物

 白鵬には、他のモンゴル人力士と違う点がある。それは日本人である紗代子夫人と結婚したことだ。

「他のモンゴル人力士がモンゴル人女性と結婚するなか、白鵬が選んだのは日本人女性でした。将来、親方になって自分の部屋を持ちたい白鵬にとって、おかみさんは日本のしきたりを熟知する女性の方が適していますからね」(白鵬に近い関係者)

 2000年に15才で来日した白鵬は18才の時、朝青龍が開いたパーティーで1才年上の紗代子夫人と知り合った。紗代子夫人は徳島で林業を営む資産家の令嬢で、3年の交際を経て、2007年に当時大関だった白鵬と結婚した際は学習院大学法学部に在籍する女子大生だった。

「過去のテレビ番組では、お互いに初恋の相手だったと明かしています。紗代子夫人は『着物姿がいちばん好き』という白鵬のため、自宅でもしばしば着物姿になり、夫の取り組みをテレビの前で正座して見るそうです。内助の功で夫を支える一方、教育に熱心なことでも知られ、3人の子供は有名私立小学校に通っています。昨年12月には第4子となる女の子も生まれました。現在は都内ベイエリアの高層マンションに一家で暮らし、子育てに専念して表舞台にはほとんど出てきません」(前出・関係者)

 早期に暴行騒動の幕引きを図りたい相撲協会と“利害が一致”したのが白鵬だった。スポーツ紙のベテラン相撲担当記者が言う。

「2011年に発覚した八百長問題で解散寸前まで追い込まれた相撲協会としては、これ以上傷口が広がる前に事態を収拾させる必要があった。それに現執行部としては、騒動を終わらせることで、改革派である貴乃花親方の動きも封じられます。

 そのためのキーマンは、絶対的に強い力士であり、角界に幅広く存在するモンゴル人力士のまとめ役でもあり、さらには暴行現場にもいた白鵬でした。早期の幕引きのために引退した日馬富士が、白鵬へ相談しなかったわけがありません。これで八角理事長ら相撲協会執行部は、白鵬に“借り”を作ったのです」

 白鵬としては相撲協会に“貸し”を作っておいて損はない。なぜなら、彼には野望があるからだ。

「大相撲で親方になるためには日本国籍が必要ですが、モンゴル人初の五輪メダリストという“モンゴルの英雄”を父に持つ白鵬は昔から『モンゴル国籍を持ったまま親方になること』を目指してきました。協会上層部は白鵬にだけ特例を認めることをずっと否定してきましたが、今回の件で何らかの“手打ち”があるかもしれません」(相撲ジャーナリスト)

 多くの内弟子を抱える白鵬は、帰化するにせよ、しないにせよ、いずれは親方になるはずだ。

「出身母体である名門・宮城野部屋を継承して『白鵬部屋』を興すつもりでしょう」(前出・相撲ジャーナリスト)

 その先に見据えるのは「モンゴル一門の立ち上げ」だ。一門とは簡単にいえば、「派閥」のようなもので、力士は連合稽古から冠婚葬祭まで、土俵の上だけでなく生活のすべてで運命共同体になる。

「モンゴル一門とはモンゴル出身の親方衆の集まり。今は帰化した旭天鵬(友綱親方)や朝赤龍(錦島親方)の2人ですがいずれは帰化するモンゴル人力士が続出してモンゴル一門は超強力な一派になるでしょう。そのためにはモンゴル互助会を毛嫌いする貴乃花親方の動きを封じる必要もある。また、モンゴル一門と組むことは、現執行部の存続にも繋がります。つまり、“貴乃花の消去”で協会と白鵬の思惑が一致したのです」(前出・担当記者)

◆貴乃花親方は「共謀」を疑っている

 仮に白鵬がモンゴル一門を立ち上げることになれば、相当な資金が必要となる。

「その際には紗代子夫人の“財力”が強力な後ろ盾となるはずです。モンゴル一門の総帥となる白鵬は協会での発言力が増し、『外国人力士初の協会理事』になる可能性があり、白鵬が相撲協会を支配する日がやって来るかもしれません」(前出・担当記者)

 この「白鵬支配」を食い止めるために立ち上がったのが、貴乃花親方に他ならない。

「貴乃花親方が白鵬を止めるための“鍵”とするのが暴行事件です。現場に居合わせた白鵬が少なくとも数十秒続いた暴行をじっと見ていたのか、あるいは止めに入ったのか。なかには『モンゴル互助会に背を向ける貴ノ岩を制裁するため、白鵬が日馬富士をそそのかした』との見方もある。実際、貴乃花親方は2人の横綱が“共謀したのでは”と疑っています。今は口を閉ざしている貴ノ岩が暴行現場の“真実”を証言すれば、白鵬が責任を問われる事態になりかねない。貴乃花親方はそのチャンスをじっと窺っているのかもしれません」(前出・担当記者)

 1964年の東京五輪に父親が出場したことから、2020年の東京五輪までの現役続行を公言する白鵬。大相撲支配に向けて白星街道をひた走ろうとする白鵬に貴乃花親方は土をつけるのか。土俵の内外を巻き込んだガチンコ対決が続く。

※女性セブン2017年12月21日号

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  6. 6

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  7. 7

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  8. 8

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

  9. 9

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ちょっと早めのセクシーサンタ姿

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。