記事

NHKは放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っている

2/2

 ・・・

 まとめます。

 最高裁が認めた「合憲」判決は尊重しますが、しかし根本的にはNHKはスクランブル放送に移行すべきであると考えます。

 今後テレビ視聴者はますます減少していくであろう予測の中で、利用者負担の「平等性」を維持するためには、NHKを見る人だけが契約する、これしか手段がないと考えます。

 NHKの「公平な受信料徴収」は最高裁判決とは裏腹に、今後ますます困難になっていくことでしょう。

 テレビを持つ人はNHKと受信契約をしなければならない

 この判断ではこれからますます「平等性」を担保できないだろうことは自明です。

 今論じましたように、テレビ地上波放送は放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っており、旧態依然とした67年前の法律では、残念ながら受信料徴収制度の維持は困難なのであります。

 繰り返します。

 NHKテレビは放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っているのです。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  4. 4

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  5. 5

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  7. 7

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  8. 8

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  9. 9

    石破氏 軍オタの左翼と呼ばれる

    AbemaTIMES

  10. 10

    橋下氏 スパコン不正ひどすぎる

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。