記事

NHKは放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っている

2/2

 ・・・

 まとめます。

 最高裁が認めた「合憲」判決は尊重しますが、しかし根本的にはNHKはスクランブル放送に移行すべきであると考えます。

 今後テレビ視聴者はますます減少していくであろう予測の中で、利用者負担の「平等性」を維持するためには、NHKを見る人だけが契約する、これしか手段がないと考えます。

 NHKの「公平な受信料徴収」は最高裁判決とは裏腹に、今後ますます困難になっていくことでしょう。

 テレビを持つ人はNHKと受信契約をしなければならない

 この判断ではこれからますます「平等性」を担保できないだろうことは自明です。

 今論じましたように、テレビ地上波放送は放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っており、旧態依然とした67年前の法律では、残念ながら受信料徴収制度の維持は困難なのであります。

 繰り返します。

 NHKテレビは放送法で守るべき「国民的」メディアとしての地位をすでに失っているのです。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  4. 4

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  5. 5

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    台湾が日本の災害に親身になる訳

    WEDGE Infinity

  8. 8

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  9. 9

    はあちゅう氏話題 事実婚の欠点

    キャリコネニュース

  10. 10

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。