記事

エルサレムを首都と認めたトランプに沈黙するアラブ

ついにトランプがイスラエルの首都をエルサレムと認定することを公式に発表した。

おまけに米国大使館をエルサレムに移転するとまで言った。

選挙公約に対する満額回答だ。

これには驚いた。

中東紛争を少しでも知っているものなら、このトランプの決定を衝撃を持って受けとめない者はいないだろう。

確かにエルサレムの首都認定と大使館移転を口に出した米大統領候補はこれまでにもいた。

しかし、それを実行したものは一人もいなかった。

確かに今度のトランプの発表、イスラエル向けのリップサービスに終わるという意見もある。

しかし、私はトランプは本気だと思う。

このような決定をやってのけるトランプを見ると、ひょっとして北朝鮮攻撃もトランプならやりかねないとすら思う。

どうやら、とんでもない大統領を米国民は選んでしまったようだ。

しかし、私がこのメルマガで書きたい事はその事ではない。

アラブの反発がどことなく冷めている気がしてならない。

確かに、建前として、トランプの決定にみな批判的だ。

しかし、一昔前ならアラブ諸国の反発はこんなものではなかった。

そう思っていたら共同通信が、エルサレム、カイロ、ワシントン特派員の共同記事として、アラブの識者の言葉を引用して書いた。

70年前から続くパレスチナ問題は、もはや最重要課題ではなく、アラブにとっては中東で影響力を増すシーア派イランこそが脅威であると。

アラブ諸国は自国利益を守るために必死で、そのためには米国との関係を断てないと。

11年前の中東民主化運動「アラブの春」が失敗して、内戦や独裁復活を招いた苦い記憶は、アラブ民衆から抵抗の意欲を奪った。本格的な反米運動は起きないと。

まさしくこれだ。

私もそう思う。

そうでなければ、イスラエルのパレスチナ入植という名の侵略が、いまここまで毎日のように野放図に放置されているはずがないからだ。

中東の不条理は、ますます進むだろう。

テロはなくならない(了)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。