記事

中国でコーヒー文化広がる、スタバの追い風に 競合も市場参入

[上海/ロサンゼルス 5日 ロイター] - 上海の中心街に小さなカフェがある。ここにはカウンターの上にコーヒー豆が入ったガラス瓶が並ぶ。カウンターの向こう側でスタッフはさまざまな種類のコーヒーを淹れている。

上海ではこだわりのコーヒー店が何千とある。中国でカフェ文化が花を咲かせる中、米コーヒーチェーン大手のスターバックス<SBUX.O>などが拡大しているほか、他社の市場参入で競争は激化している。

スターバックスは中国のコーヒー市場を占領している。米国では小規模なコーヒー店や、より安価なコーヒーを提供する競合による「第三の波」にさらされているが、中国の店舗数は3000を超え、急速に伸びている。

スターバックスは5日、上海でコーヒー豆を焙煎する設備を持つ店舗を開店した。こうした店舗の開設は海外で初めて。こだわりのコーヒーやパン・菓子類を置く高級店だ。スターバックスのハワード・シュルツ会長はこうした店舗を中国で10年以内に1万軒に増やすと述べた。「中国(市場)は10年以内に米国よりも大きくなる」と発言した。

中国のコーヒー専門店市場は252億元(38億1000万ドル)規模だ。英調査会社ユーロモニターによると2016年にスターバックスは市場の54.8%を占めた。競合である米マクドナルド<MCD.N>のマックカフェやウィットブレッド<WTB.L>のコスタ・コーヒーを大幅に上回る。競合のコーヒー店との競争が激しい米国と異なり、スターバックスの中国における主な課題は、お茶派をコーヒー派にかえることだった。ここにきてこうした現象が変わってきたもようだ。ユーロモニター(上海支店)のYu Limin氏は「現在、小型ブランドや個人のコーヒー店が増えている。爆発的な成長率を記録している」と指摘した。

あわせて読みたい

「コーヒー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  2. 2

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  3. 3

    田原氏 保守に生じたねじれ指摘

    田原総一朗

  4. 4

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  5. 5

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「おかあさんだから」に千秋共感

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  8. 8

    音喜多氏ブロガー議員批判に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  10. 10

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。