記事

衆議院法務委員会 柚木道義議員(希望)が中村格氏への質問を要求 平口洋委員長は拒否 疑惑隠しはいつまで続く

 伊藤詩織さんに対する準強姦事件についての問題の核心は、逮捕状の執行が直前に警察庁の上層部の判断で止められた、そこに安倍氏との人的な関係があったのではないか、ここにあります。
「準強姦事件逮捕状執行停止問題」を検証する超党派の会 山口敬之氏の逮捕が何故、直前に止められたのかの解明なくしてこの事件は終わらない

 衆議院法務委員会では希望の党の柚木道義議員が執行を止めた中村格氏への質問を事前に通告していたにも関わらず、平口委員長は警察庁関係者を出席させないという異常な対応をとっています。

 追求には少々、物足りなさも感じるのですが、柚木氏の非常に熱意のある質問が伝わってきます。静まり返っていた雰囲気に緊張感も感じました。

 平口委員長は、個人を出すなとかそのような理由で拒否しているのですが、全く理由になりません。柚木氏は、性犯罪被害に対する厳罰化が実現したにも関わらず、このような不公正な捜査をしていたら、法の趣旨が台無しになると批判しました。

 もちろん批判の確信は、公平中立であるべき警察行政が恣意的に歪められたのではないかという点です。中村格氏は、菅官房長官と近い関係ということで、中村氏が逮捕状の執行を止めたのは安倍政権の意向によるものではないかという疑惑が渦巻いていたのですが、この衆議院法務委員会での与党側の対応は、疑惑隠しそのものです。

 何故、自分が逮捕状の執行を止めたのかなど、答えられようはずもないでしょう。追求されれば、なおさら疑惑を招く、だったら答弁させない、これがこの間の一環した安倍政権の常套手段でした。

 検察審査会の問題点についても触れられています。

 柚木氏が開示請求した資料は、ほとんど真っ黒に墨塗りされています。何故、不起訴になったのかという理由もわからないというものです。

 陸山会事件では理由は一応、「詳細」に述べられていますが(しかし、あまりに問題だらけでしたが)、雲泥の差があります。陸山会事件では補助審査員がつけられたのに、今回はついていません。ここにもどのような意図があったのかは不明です。
東京弁護士会に公開質問状 問われる人選の責任

 伊藤詩織さんが求めていたのは、防犯ビデオに映っていた、酔った自分をホテルに連れ込む山口氏の様子を見てくれというものでした。それが証拠として検察審査会の審査に提供されているのかどうか、柚木氏が質問しましたが、最高裁の平木正洋刑事局長は、見事なまでに官僚答弁に終始しました。司法官僚の鏡です。

 検察審査会は、捜査機関に捜査資料の提供を要求することができる、しかし、個々の審査においてどの証拠が審査されていたかは承知していない、というものです。

 検察審査会がブラックボックスと言われて久しいですが、以前であれば検察審査会の議決に法的な拘束力はなく、検察官の判断に再考を促すというものだったため、特に大きな問題になることはありませんでした。しかし、強制起訴制度の導入により、その権限が付与されたにも関わらず、その過程が一切、検証できないというものであり、ブラックボックスそのものと化しています。

 私自身は強制起訴制度そのものに問題があると考えていますが、それはさておくとしても、このような不透明なやり方がまかり通っていることは非常に問題です。

 以前、私は、検察審査会では不十分な証拠に基づいていたための判断ではなかったのかとも考えていましたが、今回の検審の運営そのものに疑問点が浮かんできています。

 これだけの疑惑を抱えながらも一切の説明責任を果たさず、疑惑隠しに奔走する安倍政権に政権を担う資格はありません。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。