記事

相撲協会内紛で横綱・白鵬の存在感が増している

【日馬富士引退だけでは終わらない(写真:時事通信フォト)】

 10月の鳥取巡業中に起きた平幕力士・貴ノ岩への暴行事件の“実行犯”として横綱・日馬富士は引退に追い込まれた。ただ、日馬富士の“退場”で事態の幕引きというわけにはいかない。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は10月中に警察に被害届を提出。当局の捜査に協力する一方、協会の調査への協力要請は再三にわたって拒否してきた。八角理事長との対立は深まるばかりで、「日馬富士の引退を受けても、貴乃花親方は被害届を取り下げるつもりはない」(日馬富士の後援者)とみられているのだ。

 対立構図はむしろ複雑かつ深刻になっている。

◆理事長に“人事勧告”

 日馬富士が引退を表明する前日(11月28日)、八角理事長は十両以上の力士62人を招集し、再発防止のための「講話会」を実施した。その会場で、挙手して質問をぶつけた力士がいた。

「ひとつ、(質問して)いいですか? 巡業部長を代えたりしないんですか?」
「貴乃花巡業部長が行くのなら、(12月3日からの)冬巡業には行きたくありません」

 質問者は、最前列中央にいた横綱・白鵬だった。

 協会関係者によると、「八角理事長は、“意見があるなら力士会でまとめるなど、手順を踏んでもらいたい”とかわすのが精一杯でした」という(協会に「講話会」での質疑応答について見解を求めたが、「回答の必要がないと判断した」とするのみだった)。

 もともと、11月30日の理事会では貴乃花親方を冬巡業に帯同させるかが焦点の一つだっただけに、先手を打たれた格好となった。

「理事会後の会見で今回の事件への対応という名目で貴乃花親方が巡業から外れることが公表され、結果として協会が白鵬に従ったかたちになった。事件発覚当初は八角理事長と貴乃花親方の対立だったはずが、ここにきて白鵬の存在感がどんどん増してしまっている」(前出の協会関係者)

 そもそも、白鵬は日馬富士による暴行の現場にいた当事者のはずだが、素知らぬ顔で九州場所中から“暴走”を続けていた。

「事件が明るみに出た2日後、白鵬が報道陣に『日馬富士はビール瓶では殴ってない』と発言したのも、協会にとっては寝耳に水だった。11日目に関脇・嘉風に敗れた一番では、1分以上も負けを認めず“立ち合い不成立”をアピール。協会は全くコントロールできていなかった。

 九州場所の白鵬は15日間、ガチンコ相撲で優勝し、本人は自信を深めている。表彰式では勝手に日馬富士と貴ノ岩の復帰を“約束”し、観客に万歳三唱まで求めた。解説の北の富士(勝昭)さんも、“さすがにやり過ぎだ”と顔をしかめていたほど」(若手親方)

 さらに、優勝から一夜明けての会見では、「2020年の東京五輪での土俵入りを目標にしているからね。あと2年半しか土俵に上がれない。桜の花みたいにパッと咲いて、パッと散って。スパッとね」と角界の危機などどこ吹く風で野望を語ってみせた。

※週刊ポスト2017年12月15日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  9. 9

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。