記事

神戸・世界一のツリー、樹齢150年の大木を伐採して「考えて」→炎上 - 網尾歩(ライター)

 「広告代理店的なもの」への反発にも見える。

中止を求める署名に約9000人

 クリスマスに向けて神戸で行われる予定だった企画「世界一のツリー」がネット上で炎上している。

[画像をブログで見る]
*画像はイメージです(iStock/saantie)

 企画の正式名称は「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」。神戸のメリケンパークに、ニューヨーク・ロックフェラーセンターのツリーよりも高い生木のクリスマスツリーを建てるべく、設営作業が進んでいるという。

 神戸港開港150年目を記念し、富山県から推定樹齢150年のアスナロの巨木が運ばれた。全長約30メートルという。また、阪神淡路大震災の鎮魂の意味も込め、復興のシンボルとしたいという意図も説明されている。

 批判意見にはいくつかの理由があるようだが、「なぜわざわざ樹齢150年の木を伐採し、ふきっさらしの港へ運ぶのか」「樹木の命や、震災の鎮魂など命を考えるイベントといいながら、“大木の命”を疎かにしている」といった意見が多いようだ。共催企業がこの木を加工したバングル(腕輪)を3800円で販売すると発表したことや、このプロジェクトの中心人物である「プラントハンター」の男性が「落ちこぼれの木が世界一に」などと表現していたことも反感を買った。

 さらに、植樹のライブ中継などを行う「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」の公式ツイッターが、批判が出始めた頃に「なにを考え、なにを思うか、それこそが清順さん(※注:プラントハンターの男性)の本当のねらいでもあるのです」とツイートを行ったことが火に油を注いだ。

 「(議論を巻き起こすという)『個人のエゴ』のために樹齢150年の木の命が奪われたとしたら、そんな悲しいことはありません」という内容のツイートは700回以上リツイートされている。

 プラントハンターの男性は11月30日にネット上に掲載した文章(http://soratree.jp/message.html)の中で「ご心配をおかけしていることを素直に謝罪したいと思います」と発表。一部で、アスナロの木がご神木と言われていることについて、そうではないことや、バングルの販売は営利目的ではなかったが、協議の結果、販売は白紙に戻すと決定したことなどを説明している。

 一方で、11月24日に始まった署名「世界一のクリスマスツリーPROJECTを中止して下さい」(Chang.org)には、12月1日時点で9000人近くの署名が集まっている。

伝えたいメッセージは本当にあったのか

 公式サイト内で説明されているプラントハンターの男性による文章では、「ひとが植物を運ぶという行為が、どれだけのメッセージを届けられるか、その可能性に挑戦してみたい」と書かれている。しかし、批判者の多くは、「樹齢150年の大木を伐採して運ぶ」という行為そのものに、共感していない。

 ネット上にも指摘している人がいるが、「人間のエゴのために木を伐採すること」または「運んで利用すること」が咎められるのであれば、この企画だけがこれだけ批判される謂れはない。多かれ少なかれ、私たちは自分のエゴから自然を犠牲にしている。生きるためだけではなく、単なる楽しみのために木や、それを原料とするさまざまな素材を使っている。部屋の中に一輪の花を飾ることだって、「エゴ」なのだろう。

 だが、この企画では、そのエゴを過剰に飾り立て、さらには「これは問題提起だから、そのメッセージを受け取ってください、考えてください」と言う。まるで自分たちの行為は問題提起のための善行であると言いたいかのようにさえ見える。

 たとえば企画者が、「私たちのやっていることもエゴです。このエゴを見て、さあ考えてください」と開き直るのであればまだ、「問題提起」は受け止められたのかもしれない。

 謝罪の文章の中で、プラントハンターの男性は下記のようにも書いている。

 「もし、あの木をみて「かわいそう」と思ったなら、どうか、どうか その植物に対するやさしさだけは、忘れずにいてください。そしてその気持ちをもったままぜひこれからの人生を歩んでもらいたいと思います。」

 これは批判に向き合っていないと思われても仕方ない。批判は「あなたのやっていることは植物に対して“優しい”と言えるのか」なのだから。

 申し訳ないが、筆者にはプラントハンターの男性の謝罪文は、「説明が足りなかったけれど、とにかく見に来てくれば感動するから!」と読めた。24時間テレビのような感動や美談の押し付けに、ネットは敏感だ。理屈を重んじる一部のツイッターユーザーは特にそうだ。

 何か良さそうなメッセージを届けようとするために、プロジェクトを派手に盛り上げる。華美な言葉で装飾する。もったいつける。現代人に響く仕掛けを考える。必要なことだが、それも必然性あってのことだろう。大がかりな仕掛けをするほどの伝えたいメッセージが本当にあったのか。それがどうしても見えてこない。

 些細なプレゼントでもいいけれど、包装紙だけ過剰なのでは白ける。この企画の違和感の本質は、メッセージへの「がっかり感」。それを受け止めてほしい。

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  6. 6

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  7. 7

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  8. 8

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

  9. 9

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ちょっと早めのセクシーサンタ姿

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。