記事

オスマン・サンコンは今「文明の力が原因で視力1.5に低下…」

image

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

“1個、2個、サンコン”のフレーズで人気だったオスマン・サンコン(68)。ギニア大使館顧問として、今年は来日45年目。4月に旭日双光章を受賞した。

離婚した第1夫人、故・喜美子さんとの間に生まれた長男のヨンコン(33)は、じつはDJとして活躍していた。

「ただ、彼は都会の生活が苦手で。5年前に母親を亡くしたことも重なって、2年前に結婚した女性の実家が農家だったこともあり、DJをやめて農業の世界に飛び込みました。サンコンは息子の“転身”が嬉しくてたまらないそうです」(マネージャー)

今年6月放送の「バラいろダンディ」(TOKYO-MXテレビ)では、水道橋博士(65)が「視力が6.0だったんですけど、日本に長く住み続けて今0.9なんですよ」と明かしている。そこで所属事務所に現在の生活を確認。担当マネージャーはこう答えた。

「いえ、違います。サンコンが最近視力検査を受けたところ視力は1.5でした。視力低下の原因については年齢的な問題ももちろんあるのでしょうが、本人は『文明の力、つまりパソコンやテレビの視聴が原因で、急速に視力が低下した』と漏らしていました」

サンコンは東日本大震災の起きた3月11日が誕生日ということもあって、震災ボランティアをライフワークに。最近では熊本地震の復興支援のため、現地のボランティア活動に参加しているという。そのほか故郷に日本から文房具や洋服などを贈るボランティア活動や、エボラ出血熱を封じ込める国際支援なども行っている。

今も日本とギニアの架け橋となっているようだーー。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。