記事

米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する(金融日記 Weekly 2017/11/24-12/1)

 11月最終週(11/27-12/1)の日経平均株価は週間で1.2%高の2万2819円03銭と続伸した。米国株も高い。為替相場はほぼフラットで終え安定している。

 米国で法人税率の大幅引き下げが現実味を帯びはじめ、リスクマネーが活気づいている。しかし、上院でも下院でも可決したと言っても、まだ開始時期についての協議が続いており、今後も超えなければいけないハードルはいくつもある。これらを乗り越え、トランプ大統領の公約通りに、本当に米国の法人税率が20%に引き下げられれば、世界経済に与えるインパクトは絶大なものとなる。米国が主導する形で、世界経済は空前の好景気に突入するだろう。リスクマネーが巡り、多くの金融資産が力強く上昇する。

 そして、結局は、企業にフレンドリーな税制が多くの税収をもたらし、国民にもフレンドリーだということが証明され、トランプ大統領は歴史にその名を残すことになるだろう。

●米法人税率20%に下げ 上院可決、下院と時期協議
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24196980S7A201C1MM8000/

●米上院、税制改革法案を可決 -30年ぶりの大幅改革に向けた節目に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-02/P0BQAF6TTDS001

 しかし、トランプ政権は再びロシア疑惑で揺れている。反トランプの識者やマスコミが、トランプ陣営がロシアと癒着して大統領選で勝っただとか、とにかく愚にもつかない陰謀論を展開しネガティブキャンペーンを行っているのだ。こうしたマスコムが作り出すある種のフェークニュースは、トランプ大統領がとにかく嫌いな層にはウケるので、マスコミも連日報道し司法も動いている。一部の識者やマスコミがおかしなことで騒ぎ、政治をかき回すのは日米共通だ。

 捜査当局が世論におもねり、トランプ陣営の重要人物まで捜査を広げれば、打撃は避けられない。税制改革の進展は世界経済には大きな好材料だが、こちらは市場にとって潜在的なリスクであろう。

●トランプ氏元側近のフリン前補佐官、FBIへの虚偽供述で有罪認める ロシア疑惑
http://www.bbc.com/japanese/42202810

●クシュナー氏が接触指示か フリン氏司法取引
https://mainichi.jp/articles/20171203/k00/00m/030/098000c

 ビットコインは月末には特に理由もなく下落をはじめ、それがレバレッジを掛けてめいっぱいFXでロングしている日本のトレーダーたちのロスカットの連鎖を誘発し一気に40%も下落したが、すぐに上昇基調に転じ、再び史上最高値を窺う展開だ。暗号通貨の投資家にとっては、わずか数時間で20〜30%程度の価格変動があることは想定済みだ。それでも40%の下落はやや大きかったが……。

 18日には、いよいよシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)にビットコイン先物が上場され、証券会社のトレーダーたちも、この狂乱のビットコイン相場に加わることになろう。

●CME、ビットコイン先物を18日に上場と発表
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01HUF_01122017000000/

●怪物ビットコイン 〜ハードフォークという富の複製(週刊金融日記 第294号)
https://note.mu/kazu_fujisawa/n/n6d770f5fe341

bitflyer-btcfxjpy-12月03日-2017-23-22-16
出所:bitFlyer

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2017/11/24-12/1)
Chart20151114_Core30
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2017/11/24-12/1)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2017/12/1)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2017/11/24-12/1)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2017/11/24-12/1)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
12月4日(月)
日11月マネタリーベース
日11月消費動向調査
米10月製造業受注

12月5日(火)
ユーロ圏11月サービス業PMI
米10月貿易収支
米11月ISM非製造業景況指数

12月6日(水)
米11月ADP雇用統計

12月7日(木)
日10月景気動向指数

12月8日(金)
日7-9月期GDP(改定値)
日10月毎月勤労統計調査
日11月景気ウォッチャー調査
日経平均先物・オプションSQ
中国11月貿易収支
米11月雇用統計

12月9日(土)
中国11月CPI、PPI

12月10日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    進次郎氏の国会改革案は中身ない

    AbemaTIMES

  5. 5

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  6. 6

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    加藤鷹が明かすSEX下手男の特徴

    いいんちょ

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    横着は中年の特権 老害化に注意

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。