記事

泡沫候補ほど低い投票率に危機感を抱いている人たちはいない


【選挙ポスターでの定番ポーズをとる『黙殺』著者の畠山理仁氏】

 世間では泡沫候補と呼ばれる選挙に出続ける人たちを、フリーランスライターの畠山理仁氏は愛と尊敬をこめて無頼系独立候補と呼ぶ。20年間追い続けた彼らの独自の戦いを『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)としてまとめ、畠山氏は2017年第15回開高健ノンフィクション賞を受賞した。2013年に解禁となったネット選挙、18歳選挙権の開始などで選挙は今後、どのような変化をしてゆくのか、畠山氏に聞いた。

 * * *

──独立系候補といえば、ユニークな政見放送がYouTubeなどの動画サイトで共有され、人気を集める現象も起きています。

畠山:都知事選の政見放送は最高のコンテンツだと思います。衆議院議員選挙では無所属だと政見放送もできません。でも、東京都や大阪府などの首長選挙では、すべての立候補者が等しく政見放送ができる。大都市選挙だと全国から注目も集めやすいので、去年の東京都知事選挙は小池百合子さん、鳥越俊太郎さん、増田寛也さんの3候補以外に18人、合計21人が立候補しました。

 東京都知事の任期は4年なので、何も起きなければ都知事選は4年に一度です。僕は都知事選を、オリンピックよりも楽しみにしています。他人が取る金メダルも素晴らしいものですが、自分が取られる税金の行方がどうなるかに重みを感じます。

──2013年度からインターネット選挙が解禁になって、選挙が変わったと思いますか?

畠山:ネット選挙が解禁される前年の2012年に、ニコニコ生放送で東京都知事選の全候補者へ出席を呼びかけて討論会をやりました。同日に青年会議所が有名候補による討論会を企画していたので、そこへ出席できなかった候補者たちによる討論会を、前の討論会の終了時間から放送するという構成でした。つまり、二つの討論会を続けてネット視聴すれば、すべての候補者の討論が見られるという試みでした。

──反響はいかがでしたか?

畠山:面白くて満足したという意見が多く寄せられました。新聞テレビの選挙報道で「その他」にまとめられる独立系候補者については情報がないので、奇抜なパフォーマンスのイメージしかなく、変な人たちが集まっておかしなことを言うのではないかと思われていたようでした。ところが、討論会を見てみたら、変な人なのかもしれないけれど、明るくチャーミングで面白い。整然とした討論にはなっていなくてカオスなんだけれど、「世の中のため」という一点においては論理破綻していない。彼らの主張もきちんと伝わって、情報量が多い良い番組になりました。

──独立系候補の訴えを知りたいニーズがあるのに、知る場所がなかったということでしょうか?

畠山:ネット選挙が解禁になったことで、誰もが自分から情報を取りにいけるようになりました。雑誌でも、主要な候補だけでなく、新聞やテレビに取り上げられない候補者たちはどうやって選挙を戦っているのか、そこまでして訴えたいことは何なのか取り上げましょうという企画を誌面にする機会がありました。「人生激場」というタイトルの記事で、担当の編集者から面白いと評価してもらったのも嬉しかったのですが、取材に行った先の選挙管理委員会の人から「選挙課の全員で読みました。素晴らしかったです」と言ってもらえたのには感激しました。先の総選挙でもAbemaTVが無所属候補に注目した番組を作るなど、少しずつですが、変化はあると思います

──開票速報がエンターテインメントとしても楽しめるように工夫されたり、ネットでも選挙の話題はさかんです。ところが、日本の投票率は低いままです。候補者たちに投票率が上がらないことへの危機感はないのでしょうか?

畠山:もちろん、口では誰もが「投票率を上げましょう」と言います。しかし当選している人の場合、本音の部分では独立候補ほど危機感を持っていないのではないでしょうか。

──投票率上昇は、選挙結果を変えると思いますか?

畠山:投票率が上がったからといって、投票に行く人の投票先の比率がガクンと変わるとは言い切れないですね。でも、異常ですよね。税金を払っていて、税金の使い道を決める人たちを選ぶ選挙に、有権者の半分くらいの人たちが行かないというのは。地方議会になると、そもそも候補者が定員割れするところがあるほどなので、社会の変化にあわせて、選挙制度を変えないといけない時代になってきているのではないかなと思います。

──たとえば、どんな点が時代にそぐわないと思いますか?

畠山:選挙権は18歳以上になりましたけど、被選挙権は下げられていない。若者には選挙に出るという選択肢はないのかと思います。

 それに、社会の人口構成でみたら、いまの政治家の人たちはすごくいびつだと思います。いま選挙に出られる人は自営業か、もともと政治家の家に生まれた人が多い。会社員の立場で立候補して、サラリーマンの気持ちが分かる人って、なかなかいないんですよね。サラリーマン出身を強調する人ほど、現実には実務経験がなかったりするのも不自然です。男性と女性の比率にも偏りがあります。もっと色々な立場の人が選挙に出やすい仕組みに変えていくのがよいと思っています。

──偏りがあるとネットで批判されることが多い選挙報道は、変われるでしょうか?

畠山:テレビなど時間の制約が大きいメディアがすぐに変わるのは難しいでしょう。でも、僕がネットとかでやったようなやり方で細々と報道を続けることには、きっと意味があると思って続けています。影響力が大きいメディアは強いからといって何もしなかったら、何も伝わらない。

──投票する側も、どうせ自分の一票では何も変わらないという厭世的な気分が広がっているように思います。

畠山:そもそも、政治家というのは代議士です。僕らの気持ちや考え方に近い人が、僕らの代わりに議論をして、使い道を決めてくれているだけの人たちです。だからもっと、いろんな立場や考え方の人が立候補し、議論をして世の中のことを決めていくのが健全ではないでしょうか。

──とはいえ実際に立候補へ踏み切るのは、やはり難しそうです。

畠山:自分が立候補しないのなら、自分の代わりになる人を代議士として選んだ方が、より政治が近くなるということを忘れないようにしたいです。厳しい言い方ですが、”よりマシな地獄を選べ”という言い方を僕はしています。究極の選択のような気がして自分にとっての選択肢がそこにはない、と投票を投げ出さず、この中では任せてもいいかなと思うという程度の選択でも、選挙では投票した方がいいと思います。

●はたけやま・みちよし/1973年、愛知県生まれ。早稲田大学第一文学部在学中の1993年より雑誌を中心に取材・執筆活動を開始。関心テーマは政治家と選挙。ニコ生ではイチローに間違えられたことも。著書に『記者会見ゲリラ戦記』(扶桑社新書)、『領土問題、私はこう考える!』(集英社)。取材・構成として『日本インディーズ候補列伝』(大川豊著、扶桑社)、『10分後にうんこが出ます』(中西敦士著、新潮社)、『新しい日米外交を切り拓く』(猿田佐世著、集英社)なども担当。第15回開高健ノンフィクション賞受賞作『黙殺 報じられない”無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)が発売中。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。