記事

天皇陛下退位2019年4月30日に

政府は、昨日1日、天皇陛下の退位日決定の前提になる皇室会議を宮内庁で開き、陛下の退位日を2019年4月30日と決めました。

皇太子様が、翌5月1日に即位、改元されます。

政府は、12月8日の閣議で、退位日を定める政令を正式決定する、と報じられています。

新しい元号は、来年半ばには公表される方針ということですが、カレンダー業者などは困っているようです。

報道によると、退位日の決定までには、官邸と宮内庁の綱引きが、相当あったようで、官邸が当初考えていた2018年12月24日退位、25日即位の案について、宮内庁は、年末年始は皇室の重要行事が相次ぐことと、昭和天皇逝去から30年となる2019年1月7日の「弐年祭の儀」を陛下はご自身で執り行いたいという考えという情報もあり、それには反対。

次に、2019年3月31日退位、4月1日即位という案がありましたが、これは宮内庁がリークしたと官邸はみて、その通りにはしたくない考え。

年度替りは転勤、卒業、入学などがあること、この時期に2019年は統一地方選挙があることなどから、4月30日退位、5月1日即位になった、そうです。

年の初めや年度がわりの方が、一般的にはわかりやすいと思いますが、決まったのですから、滞りなく執り行われることを願います。

一方で、特定法では、政府が「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等」について「法施行後速やかに」検討し、国会に報告するよう求める付帯決議が付けられています。

皇太子様が、新しい天皇になられると、皇位継承順位は、秋篠宮様が1位、悠仁様が2位、常陸宮様が3位の3人になります。

このままでは、悠仁様の頃には、周りに皇位継承者がより少なくなり、負担が重くなることが考えられます。

皇位継承を確保するための検討が進まない間に、秋篠宮家の長女眞子様は、まもなく結婚されます。

女性宮家の創設、そして、私は女性天皇も早く検討すべきだと考えます。

これまで男系によって受け継がれてきた皇室を変えてはならない、と反対する意見がありますが、これまでの天皇は、正式の妻以外の女性の子、というケースが半分位はありました。

現在は、そういう時代ではなく、戦後、宮家が11から3に減らされたことなどから、超少子高齢化は皇室が例外ということではないので、検討を急いでほしいと考えます。

安倍総理を支持している保守層は反対が多いので、なかなか検討に入らないともいわれていますが、そういうことを言っている場合ではないことを、皇室を大切に思う保守層だからこそ考えてほしいものです

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  5. 5

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  9. 9

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。